FC2ブログ
ぬぽぬぽ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
赤マント(あかマント)は、昭和初期に「都市伝説」「」「恐怖デマ」として語られた、怪人物の名である。赤いマントを身に付けているとされ、その姿からこの名で呼ばれる。


赤いマントをつけた人さらいが子供誘拐し、殺すというもの。

誘拐の対象を少女のみとし、誘拐した後、暴行して殺す、とされることもある。

トイレに入っている子供赤マントが欲しいか、青マントが欲しいかという声がする。すると天井からマントの男が降りて来て、答が赤マントのときは刺殺して体を赤くし、答が青マントのときには体の血を抜いて体の色を青くして殺すというものもある。

東京谷中で起こった少女暴行殺人事件と、当時子供たちを対象にした紙芝居の演目のひとつ『赤マント』(加太こうじ作)が混ざったデマと考えられる。紙芝居『赤マント』は芥川龍之介の『杜子春』を下敷きにしており、赤マントを着た魔法使いの紳士が靴磨きの少年を弟子にするという差しさわりの無い物語だったが、デマの余波により大阪では「赤マント」の紙芝居が警察に押収される騒ぎとなった。
発生時期が軍事クーデター(「五・一五事件」「二・二六事件」)や恐慌などと近く、当時の社会的不安を背景としている、といわれている。

この他に『少年倶楽部』に江戸川乱歩が連載した『怪人二十面相』の怪人二十面相がマントをはおっていること、旧制高等学校の学生の暗がりでのマント姿が子供にはマントの怪人として映ったのではないか、という指摘もある
情報伝達手段の限られた当時において、ほぼ純粋に人口のみを介して伝播した都市伝説である。1940年(昭和15年)1月ごろから東京を起点に東海道を経て大阪まで流布したとされる。

別の説では1935年(昭和10年)頃に大阪を起点とした地下室に現れるマントの男の話が1年から2年かけて東京に伝わり、そこから赤マントの話が生まれたともいう。1940年には北九州に広まり、日本統治下の朝鮮の日本人小学生の間でもになっていた。




スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。