FC2ブログ
ぬぽぬぽ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ケム・トレイル (chem trail) は、「ケミカル・トレイル(chemical trail)」の略であり、「コン・トレイル(con trail:航跡=飛行機雲)」より派生した語。見た目は飛行機雲と大差ないが、特徴として

飛行機雲より長時間残留する
・本格的な雲に変化していくことが多い
・大気中に残留化学物質などが確認され、周辺地域で健康被害が報告されることがある、出現の直前に軍用機などが飛行している

などが挙げられ、軍や政府による気象操作や細菌兵器に対するワクチン散布などの説が流布している。世界各国で目撃例が報告されている
 「ケム・トレイル」という言葉は、エイミー・ワージントンによって初めて使われた言葉で、彼女によれば、「ケム・トレイル」とは、「ある殺人的プロジェクトに係わる航空機から散布された何トンもの微粒子状物質」であり、「アスベスト、バリウム塩、アルミニウム、放射性トリウムなどを含む有毒金属を含んでいる」とのことである。またワージントンは、このプロジェクトは「アメリカ国防総省、アメリカエネルギー省、国立研究機関、大学、民間の防衛産業、製薬会社などが係わっている巨大な組織」が推進しているものであると述べ、さらに「航空機から散布された何トンもの微粒子状物質は、大気を高電荷の導電性プラズマにする」と断定した上で、「­­それらは地震を引き起こす地殻操作兵器などのために、荷電した大気を人為的に操作するためのものである」と結論づけている。
 しかし、これらの指摘には具体的根拠および統計的数値が完全に欠如している。また、「微粒子状物質が大気を高電荷の導電性プラズマにする」というメカニズムや、荷電した大気を人為的に操作することによって地震を引き起こすという、「人為的操作」の具体的技術には一切言及されていない。
 ケム・トレイルを信じる者は、多くの場合冬季の飛行機雲をそれと誤認する。単なる飛行機雲をケム・トレイルと断定する理由に、「長時間残留する」「本格的な雲に変化していくことが多い」「航空機のエンジン以外の部分から雲状のものが出ている」といったものが挙げられているが、いずれも飛行機雲のごく一般的な特性に過ぎず、その雲に何らかの微粒子が含有されているとする根拠も皆無である。
 以上のように、証拠資料や統計的数値の欠如・無知による曲解、およびそれらを正当化する陰謀説などから、「ケム・トレイル」はオカルト・疑似科学の域を出ない。カルト団体やアセンションを唱えるニューエイジ信仰団体などが、人々の恐怖を煽る為に利用している側面も見受けられる。



スポンサーサイト
[PR]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。