FC2ブログ
ぬぽぬぽ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
とある人がピアスをあけると、から白い糸が出て、その糸を切ったところ、実はその糸は視神経で、その人は失明してしまった。

その人は失明した事を怨み、ピアスをしている人のを齧る「かじり女」となった、と続けられる事もある。

また、「白い糸を引っ張ったところ、体内の神経が芋づる式に全て引っ張り出されてしまった」というものもある。

失明について
そもそも視神経は脳神経の一つで、脳と直接つながっており、ピアスを開けるようなたぶには通っていないため、このようなことは起こりえない。さらに言えば、視神経はタコ糸程度の太さがあり、一般的なピアッサーのピアスよりもかなり太いため、ピアッサーで開けた穴から露出する事は起こりづらい。
失明の根拠に「東洋医学のツボに準ずるものがに存在する為」という説を用いることがあるが、これも流派によって異なることが多く、科学的に立証することは難しい。
ピアス用の穴を開けることはきちんとした器具を用いて清潔に行えば安全であり、失明などの障害が残る事はありえない、とされている。 ちなみに画家のフィンセント・ファン・ゴッホは自らの朶を切り取ったが、失明などしていない。

伝播について
日本の教育現場において、ピアスの危険性を説明する際に、方便としてこの都市伝説が引用される事がある。

白い糸状のもの」について
人によってはピアスの穴から、白い物体が出ることはある。これは、体毛、にきびなどと同様の余分な油分の集合体である「角栓」や「粉瘤腫の中身」、であると考えられる。


スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。