FC2ブログ
ぬぽぬぽ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
野球ルールに関する都市伝説。

一度の打席で36球ファウルを打った打者アウトになるというもの。

地域によって33球とも30球とも言う。

昭和後期にはかなり広まっていた都市伝説であり、
野球ルールを扱った書籍の多くがわざわざ「そんなルールはない」と明記していた。

タレントの伊集院光も、
子供の頃の野球のローカルルールとして、
「ピッチャーが疲れるので三十数球ファールを打つとアウトというルールがあった」と自身のラジオ番組の中で話している。


試合の進行を円滑にするためのローカルルールが広がったものとの見解が多いが、
日本のプロ野球で1人の打者が一度の打席で投手に投げさせた最多投球数の記録でも19球(1947年11月11日、
太陽ロビンスの松井信勝が記録、
最後は四球を選んだ、
また「一打席での最多ファウルの記録」でないことに留意)であり、
実際に当ルールが適用される状況はほとんど起こり得ないと考えられる。


スポンサーサイト
[PR]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。