FC2ブログ
ぬぽぬぽ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
石工ギルドから発展した自由・博愛・平等をうたう親睦団体フリーメイソンの会員は、フランス革命やアメリカ独立戦争、ロシア革命など市民革命に関わっている。この事からナチス・ドイツ、大日本帝国など独裁国家に対して戦争をしかけるなどの政治権力をも操っていたとする考え。メンバーには地位の高い者が多く、イギリス王室をはじめフランス革命やアメリカ独立戦争の主要人物や中国の著名政治家の多くが加入していた事もあり、根強く囁かれる説である。

陰謀論におけるフリーメーソンの配置は、新世界秩序の一部であるとするものが多い。 イルミナティをフリーメーソンの一部として位置づける事も多い。

この陰謀論には既存の民主主義自体を陰謀の手段とみなし、否定するパターンが存在する。このパターンは偽書『シオン賢者の議定書』にユダヤ人の陰謀として記述されているものと同じである。「シオン賢者の議定書」が作られた当時、フリーメーソンにはユダヤ人が多く参加しており、秘密結社的な団体であったフリーメーソンを攻撃することによって、ユダヤ人を攻撃しようとしたものであると考えられる。


フリーメーソンのシンボルマークはコンパスと三角定規である。
その起源には諸説あり、数千年以上前の古代ギリシャにおいて、すでにその組織の存在が認められている。
フリーメーソンは秘密主義を採用している。しかし、それは入会者に新鮮な驚きを味わってもらうため、ということである。また、アメリカなどではフリーメーソン主催の慈善パーティーやバザーは頻繁に行われており、秘密組織でもなんでもない。
陰謀論に対して名誉毀損で告訴すべきという意見と、中傷には沈黙で対応するというフリーメーソンの伝統との対立が激しくなりつつあるという。
スポンサーサイト
[PR]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bootees.blog120.fc2.com/tb.php/346-345d3efb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。