FC2ブログ
ぬぽぬぽ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
学校の特定のトイレに特定の方法で呼びかけると、誰もいないはずのトイレから返事があるといった話が基本パターン。細かい内容は噂される学校ごとに異なる。赤いスカートをはいた、おかっぱ頭の女の子の姿が有名となっている。

特定の方法として一番有名なのは校舎3階のトイレで3回ノックをして「花子さんいらっしゃいますか」を一番手前から一番奥まで3回ずつやると3番目のトイレからかすかな声で「はい」と返事が返ってくると言われていた。そして返事が返ってきたトイレを開けると赤いスカートのおかっぱ頭の女の子が居てトイレに引きずりこまれると噂されていた。

かつては三番目の花子さんと呼ばれ、古くは1950年頃から存在していた都市伝説。1980年代頃から全国の子供たちの間で噂になり、1990年代には映画、アニメなど、様々な作品の題材になった。テレビ番組の収録中に花子さんとされる声が録音されたこともある


話の出所としては、 「一人の学校好きの少女がいた。ある日発狂した母親に追いかけられて、学校内のトイレの奥から三番目の個室に隠れたが、結局少女は殺害されてしまった…」という話が元になったとされる。また、「戦時中、かくれんぼが大好きだった少女が学校内のトイレの個室に隠れていたところ、校舎が空襲を受け、逃げ遅れて死亡した」というパターンも存在する。

噂話のバリエーションとしては、花子さんに「遊びましょ」と呼びかけると「はーい」「何して遊ぶ?」と聞かれ、「首絞めごっこ」と答えて本当に首を絞められたという話がある



また同様に「何して遊ぶ?」と聞いた花子さんへ「お医者さんごっこ」と答が返り、花子さんが動揺しつつドアを開けると、そこには銀縁眼鏡で長髪の男性がアニメ『トイレの花子さん』のTシャツを着て、両手に紙袋を提げ、薄笑いを浮かべつつ「お医者さんごっこしよう」と催促し、逆に花子さんの方が怖がったという噂話もある


地方によっても話の違いがあり、山形県ではトイレを出るときに「花子さん」と呼ぶと返事があり、嫌な声で返事をされたときには何か起こるかもしれないという


また同じく山形県の別説では、花子さんの正体は3つの頭を持つ体長3メートルの大トカゲで、女の子の声で油断した相手を食べるともいう

島根県では、花子さんと遊ばないと追いかけられるという

神奈川県横浜市では、女子トイレにハナコさん、さらに男子トイレにはヨースケさんという幽霊がいて、呼びかけて3秒以内に逃げないと殺されるという。男子トイレで便器の周りを3回回って「ハナコさん」と呼ぶと、便器から血だらけの手が現れるともいう

親戚筋の妖怪の一族が毎年群馬で集会を開いている、ボーイフレンドに太郎という妖怪がいて深夜の学校の体育館でバスケットボールをしているなどの話もある


スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bootees.blog120.fc2.com/tb.php/301-ab0b4c39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。