FC2ブログ
ぬぽぬぽ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ある夫婦が、かねてより憧れであった一軒家を購入した。中古物件ではあったが、ほとんど新築同然の様でありながら破格の安値が付けられていたために一も二もなく手に入れたものだった。ある日、廊下に赤いクレヨンが落ちているのを見付ける。夫婦には子供はいなかったし、家に誰かが入って来た形跡もない。不思議に思ったが、そのようなことがたびたび起き、気味悪がるようになる。ところでこの家は外側から見ると、もうひとつ部屋があって然るべき空間があった。気になり、その部屋のあるべき場所の壁紙を剥がすと、釘打ちされた扉があり、その扉をあけると何もない部屋の壁一面がびっしりと赤い文字で埋め尽されていた。「おかあさんごめんなさいだしてごめんなさいごめんなさい」と…。

物語の大筋は以上のようなものである。クレヨンの色が青や緑であったり、「おかあさん」が「おとうさん」となっているなど細部が異なるものが諸説ある。


この怪談は、伊集院光がラジオ番組の中で創作して発表したものである(伊集院の趣味に「怪談の完全創作」がある)。そのため、他の代表的な現代妖怪である「口裂け女」や「人面犬」、「トイレの花子さん」といった発祥した地域も不明のものとは異なり、発祥の原点が確認されているのが最大の特徴である。

この話を聞いたリスナーの中に、自分の体験した恐怖体験として雑誌に投稿した者が現れ、やがて「友達の友達の体験」といった口コミで尾ひれを付けて知名度が拡大して行き、次第に都市伝説としての色を強める事となり定着していった。都市伝説化に伴い創作者を知らない人も多くなり、伊集院光自身も巡り巡って仕事関係者から都市伝説として、自らの創作したこの話を聞かされたことがあったと話している



スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bootees.blog120.fc2.com/tb.php/300-bfa01a9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。