FC2ブログ
ぬぽぬぽ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ある少女が引越しの際、古くなった外国製の人形を捨てることにした(「リカちゃん電話」の都市伝説と複合されたパターンもあり)。

すると夜中に電話がかかってきた。出ると「あたしメリーさん。今ゴミ捨て場にいるの」。電話を切るとまたかかってきて「あたしメリーさん。今タバコ屋さんの角にいるの」そしてついに「あたしメリーさん。今あなたの家の前にいるの」という電話が。少女は思い切って玄関のドアを開けたが、誰もいない。やはり誰かのいたずらかと思った直後、またもや電話が……。

「あたしメリーさん。今あなたの後ろにいるの」

振り向いたら殺されるという説もある。


??人間??

ある女の子が手足のない人形を持ってやってくる。

その子が言った、期限以内に手足を見つけないと、自分の手足を使われる。

手足のうち、三つは、簡単に見つかるが、最後の一個は絶対に見つからない。

この話には以下のようなパターンもある(複合の場合もあり)。

マンションに住んでいる者に電話がかかって来て、その度に自分の住む階に近付いてくる。そして「今あなたの家の前にいるの」と言われた時にドアを開けないと怒りの電話がかかってくる。
タクシーの運転手が轢き逃げし、殺してしまった女性(名前はメアリー、メリーなど様々。日本人の場合もあり)から電話がかかってくる。
「今あなたの後ろにいるの」という台詞でオチとなるが、「その後メリーさんはどうしたか」「電話をかけられた少女はどうなったか」は分からない。しかし、「メリーさんは刃物を持っており、少女を後ろから刺した」「電話をかけられた少女は血まみれで倒れていた(怪我を負っている(死んでいる)か無傷かの違いがある)」といったパターンも存在する。
基本であるオチを踏襲したギャグとして「少女は全ての電話を意に介さず、後ろに居ると言われても全く気にせずに出掛けてしまい、出先で彼女の後ろを半泣きで付いて行く少女の姿が目撃される」、「少女が住んでいるのは高層マンションの相当上の階であり、たどり着くまでにメリーさんはダウンしてしまう」と言うものがある。
メリーさんは近づいてくるが、そのまま通り過ぎて(遠ざかって)いく。(何年もかけて「今、サンクトペテルブルク(ロシア)にいるの・・・」など外国まで行ってしまう例もあるようだ)
少し違うが、チェーンメールとしてストーリーが送られ、メールを送らなければあなたも死ぬ。というものがある。
チェーンメールのバリエーションとして、メリーさんは大阪府岸和田市に住んでいる。というものがある。
スポンサーサイト
[PR]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bootees.blog120.fc2.com/tb.php/295-c4c5135a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2010/05/10(月) 21:32:08 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。