FC2ブログ
ぬぽぬぽ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「カシマレイコ(仮死魔霊子)」「キジマさん」「テケテケ」、足のない女性や軍人、幼児のようなバケモノなど、名前や姿は地方によって諸説ある。話を聞いた人の下に数日以内に現れるといわれ、回避するには呪文を唱える必要がある、とされる。軍神を奉る鹿島神宮と旧日本軍との関連を示唆する説もある。

* 男性版

* 戦時中に郵便配達員だった男性が、米兵に両手足を撃たれ苦しみぬいて死んだ。この話を誰かから聞くと、恨みから聞いた人に夢や電話などを通じて接触し謎の問いかけをする。問いかけに正しく答えられないと身体の一部を持っていかれ、死ぬとされる。

* 女性版

* 終戦後の混乱期に米兵に強姦された女性が将来を儚んで列車に投身自殺をした。この話を誰かから聞くと、恨みから聞いた人に夢や電話などを通じて接触し謎の問いかけをする。問いかけに正しく答えられないと身体の一部を持っていかれ、死ぬとされる。

※他にも数多くのバリエーションがある。

この事件について疑問に思ったある警察官が地図に事件の起きた場所にしるしをつけ、線で結んでいくと、頭、腕、足がない胴体の輪郭になったとされる。

* 謎かけその1

1. 「手をよこせ」と言われたら「今使ってます」と答える。
2. 「脚をよこせ」と言われたら「今必要です」と答える。
3. 「その話を誰から聞いた」と聞かれたら「カシマさん」と答える。

* 謎かけその2

「誰から聞いた」などの問いかけに「カは仮面(火事)のか、シは死のし、マは魔のま、レイは霊のれい、コは事故のこ」と唱える(いくつかバリエーションあり)。

# 現れるものは身体の一部が欠損した女性、身体がケロイド状の女性、旧日本軍兵士など様々である。
# 夜中のトイレ、学校、夢枕などに現れ、当事者に謎かけを行う。この問いに答えられないと「脚を持っていかれる」、「死んだり重傷を負ったりする」などとされる。また、その話を聞いた人のもとにもカシマさんが現れるという。
# 質問で有名な内容は「脚いるか?」「この話誰に聞いた?」など。「脚いるか?」という問いに対しては「いる」と答えないと脚をとられ、「この話誰に聞いた?」という質問には「カシマレイコさんから聞きました」と答えなければ祟りがあると言う。
# 質問をせず、いきなり襲い掛かってくる事例もあると言われる。呪文を唱えれば退散する。
# 夢の中に現れる事例はかなり有名であり、新聞でも一時取り沙汰されたほどである(新聞に載った、という話は怪談話にリアリティを出すために付け加えられることが多く、カシマさんのケースでも加古川市と高砂市で呪いによる死亡者が多く新聞で報道されパニックになった、という話が付加されているがどこの新聞の何日付かという言及は無い)。
# とある男性が、この話を聞いてしまい、自分に来るとわかったので、とある寺の住職に相談をした。住職は、前述のことを伝え、男性を安心させた。男性は伝えられたことを守ると、なんとかまぬがれることはできた。―何年かたち男性は旅行にでかけた。しかし、男性は旅行に出かけたまま、帰ってこなかったという
# 鹿島神社に関連があるとされ、鹿島大明神と呼ばれることがある。そのため鹿島神社のある地域では具体的な地名が出されることがある(上記参照)。
# ただし、タケミカヅチを祀る鹿島信仰との間に関連は存在せず、名前以外に共通点は発見できない。
# キジマさん、というバリエーションがある。
スポンサーサイト
[PR]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bootees.blog120.fc2.com/tb.php/291-991f3149
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。