FC2ブログ
ぬぽぬぽ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サザエさんの家(サザエさんのいえ)とは、神奈川県鎌倉市に実在した廃屋を舞台にした幽霊屋敷譚。モデルとなった廃屋は2003年末に起きた不審火により建物の一部が焼失したため更地にされたが、「鎌倉市にはサザエさんの家という幽霊屋敷が実在する」という話がインターネット上や口コミを介していまだに流布している。こうした事からサザエさんの家とは、実在する廃屋を題材に口承・伝承を介して誕生した一種の都市伝説とも言える。鎌倉市にはこのほかにも「お化けトンネル」と呼ばれる名越隧道のトンネルなど、著名な心霊スポットが少なくない。

サザエさんの家に関して流布している伝承としては「名前の由来」「廃屋となった由来」「実際に起きた心霊現象」の3点に関する物が主である。

* サザエさんの家と名づけられた由来
o 「サザエさんの家」という名前がついた理由については、「廃屋入り口に磯野(漫画『サザエさん』に登場する一家の名字)と書かれた表札がかつてあった事に由来している」という伝承が広く知られているが、真偽は不明。またいつ頃からこの俗称が広まったかについても良くわかっていない。しかしインターネット上にあるオカルト系の情報を扱うサイトを調べると、2001年頃には既に「神奈川県内における有数の心霊スポット」として「サザエさんの家」が扱われている事が確認できる。
* 廃屋となった由来
o 廃屋となった由来については「かつて住人が皆殺しにされた」(皆殺しとなった理由については特に定説はない)というものがほとんどであるが、中には「ただ単純に地権者側の相続問題で無住になっているだけ」という実態をある程度継承した伝承もある(ただし、相続問題によって無住になっていると、地権者側が積極的に公開しているような事実は見られないので、これも口コミなどを介して広まった伝承である可能性が高い)。
* 心霊現象と言われる話
o これについては多種多様な話が伝わっているが、よく見られるものとして「夜中に武者が徘徊する」「秘密の地下室がある」「特定の条件下において別の幽霊屋敷が出現する」というものがある。また「室内に人形が散らばっている」「実は人が居住している」など、付近にある他の幽霊屋敷伝承と混同された物も多い。

この廃屋は地権者側の都合によって30年以上前から無住のまま放置されていたにすぎなかったが、いつの頃からか怪現象が起きる、幽霊が出るなどさまざまな噂がささやかれるようになった。そして「幽霊屋敷」として一部で知られるようになり、全国各地から多くの者が心霊スポットとして肝試しに訪れるようになった。この廃屋は私有地であったので関係者以外の立入は禁止され、敷地は塀や有刺鉄線で囲まれていたが、かえって廃屋にいわくがあるという噂を広める結果になり、肝試しを目的として敷地内部へ侵入する者も後を絶たなかった。

さらには敷地内に立ち入るだけでは飽き足らず、建物などに落書きを行ったり、深夜に騒いだりする者も多く、周辺住民に迷惑がかかる事も多かった。地元では2003年に起きた不審火もこうした心無い人によって引き起こされたものだとする見方もある。
スポンサーサイト
[PR]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bootees.blog120.fc2.com/tb.php/282-14e26cc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。