FC2ブログ
ぬぽぬぽ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
車の下に隠れて見つめる猫を抱き上げると、顔は抱き上げた人物と目が合う位の高さなのに、後ろ足は地面に着いており、その間は非常識な長さの胴体で繋がっていた。驚き、慌てて手放すと、その猫はあたかも尺取虫の様な動きでありながら、猫特有の俊敏な動きで逃げて行った、というもの。その場所は何らかの研究機関の近所で、猫はそこから逃げ出した実験動物だったと続く場合も。『ハローバイバイ・関暁夫の都市伝説 信じるか信じないかはあなた次第』にもこの話が掲載されている。
スポンサーサイト
[PR]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bootees.blog120.fc2.com/tb.php/241-b289b43b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。