FC2ブログ
ぬぽぬぽ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
円周率は3」(えんしゅうりつは3)とは、学習指導要領をきちんと読まなかった人々の誤解や曲解に基づいて流布されたデマ、あるいは悪宣伝のこと。「小学校では今後円周率が3として教えられる」といった内容で広まった。

円周率は3で計算」というイメージは「ゆとり教育」の象徴として流布しているが、学習指導要領における記述は正確には「(4) 内容の「B量と測定」の(1)のイ及び「C図形」の(1)のエについては、円周率としては3.14を用いるが、目的に応じて3を用いて処理できるよう配慮するものとする。」(平成10年度告示・平成14年度施行小学校学習指導要領・小学校5年・算数)であり、「3.14を教えない」というのは誤解あるいは曲解(意図的なものも含めて)である。2002年度から使用されている小学校5年生の算数の教科書には、しっかりと「円周率は3.14」と明記されている。また学習指導要領に「目的に応じて3を用い」という記述が現れたのは1989年改訂・1992年度より実施のものであって、「ゆとり教育」の是非が広範に議論されるきっかけとなった2002年度実施の指導要領ではない点にも注意が必要である。

そもそも、学習指導要領はあくまでも目安として始められたものであるが、ある時期から法的拘束力を持つとされるようになった。またこれに加えて「過不足なく教えなければいけない」という、いわゆる上限規定も存在した。

ところがこの規定を厳密に取ると、円の円周や面積の求め方についての導入学習(ある単元の最初期にイントロダクションとして行う学習)において、およその数としての円周や円の面積を求めるのに「円周率を(暫定的に)3で計算」するという教え方をすると、学習指導要領を逸脱しているとされるおそれがあった。このため、1989年の学習指導要領の改訂時(小学校では1992年度実施)に「目的に応じて3を用いて処理」という記述が加えられ、1998年の改訂時(小学校では2002年度実施)にもこの記述は引き継がれた。

なお、2002年度実施の指導要領における円周率の扱いであるが、前述のように3.14を用いることになっている。また、この指導要領では円に関する単元は計算機を使用することとされているので、本来小数点以下2桁の演算の負担を考慮して用いられることもあった、暫定的に円周率を3とする教え方は不要となった。

また後に学習指導要領の一部改正が行われて「過不足なく教えなければいけない」という上限規定が撤廃され、必要に応じて指導要領に書かれている内容以上の内容(=発展的記述)を教えても良いという最低基準に変更されたため、「目的に応じて3を用いて処理」という記述は、事実上意味をなさなくなった。

ただし、「円周率は3」という流言を利用して「ゆとり教育」の危機感を煽って、学習塾の運営会社は活発に児童・生徒の勧誘活動を行っている。つまり、このような学習塾や進学予備校などの受験産業が利益のために折込チラシやCMなどの広告で「小学校では円周率をおよそ3として教えている」「ひいては学力低下を引き起こす」という誤った情報を流し、不安を煽って学習塾の営業活動を行っている。その背景には少子化で学習塾間での「パイの奪い合い」が発生したからであるとされている。実際に「○○塾は旧学習指導要領(「ゆとり教育」以前)の内容で講義を行います」という謳い文句も見られる(一部私立小学や私立中学の募集広告にも「公立小学や公立中学に通うと学力低下、本校は独自カリキュラムで学力低下とは無縁」と煽っているものも見られる)。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。