FC2ブログ
ぬぽぬぽ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アインシュタイン予言(あいんしゅたいんのよげん)とは、アルベルト・アインシュタイン(1879年 - 1955年)の発言として流布されている約300文字程度の言葉。近代日本の驚くべき発展を賞賛し、来るべき世界政府の盟主は日本が担うことになるであろうと予言している。さらに、そのような尊い国を作っておいてくれたことを神に感謝する、と続く。ただし、アインシュタインがこのような趣旨の発言をした例は存在しないとする論証が2006年に提出され、それ以降、この予言は偽書の一種であると見做される傾向にある。

この文章の初出は明確ではないが、1950年代に遡るという。以降今日に至るまで、書籍、雑誌など多数のメディアで引用・再引用が繰り返され、インターネットの普及後はウェブ上の記事においても引用されている。内容としては、

近代日本の発達ほど、世界を驚かしたものはない。
この驚異的な発展には、他の国と異なる何ものかがなくてはならない。
果たせるかなこの国の、三千年の歴史がそれであった。
この長い歴史を通して、一系の天皇をいただいているということが、今日の日本をあらせしめたのである。
私はこのような尊い国が、世界に一カ所位なくてはならないと考えていた。
なぜならば世界の未来は進むだけ進み、その間幾度か戦いは繰り返されて、最後には戦いに疲れる時がくる。
その時人類はまことの平和を求めて、世界的な盟主を挙げねばならない。
この世界の盟主なるものは、武力や金力ではなく、あらゆる国の歴史を抜き越えた、最も古くまた尊い家柄ではなくてはならぬ。
世界の文化はアジアに始まって、アジアに帰る。
それはアジアの高峰、日本に立ち戻らねばならない。
吾々は神に感謝する、吾々に日本という尊い国を、作っておいてくれたことを。

というもの。場合によっては文章の一部が欠けていることもある。日本人の愛国心をくすぐる内容であることから再三に渡って引用されてきており、最近のものでは、『世界の偉人たちが贈る日本賛辞の至言33撰』にまで“アインシュタインの言葉”として記載されている。

しかし、中澤英雄東京大学教授(ドイツ文学)が2006年に発表したところによると、この発言がアインシュタインのものであるという確定的な典拠はどこにも存在せず、そもそもアインシュタインの思想とは矛盾する内容であるという。初出とみられる1956年の書籍では、明治憲法成立に大きな影響を与えたドイツ人法学者ローレンツ・フォン・シュタインの発言として紹介されており、流布の過程でいつしかアインシュタインの発言と混同されたものとみられる。さらには、シュタインの講義録にもこのような発言は見られず、宗教家田中智學が1928年に著した『日本とは如何なる国ぞ』という本の中にこれとよく似た記述があり、中澤英雄は「おそらくこの田中智學の創作によるものである」と見ている。田中智學は明治期から昭和初期にかけての宗教家・国体思想家で、大戦期の国是のひとつ「八紘一宇」を造語した人物である。

この発言がアインシュタインのものではないという話は、2006年6月7日に朝日新聞にも取り上げられ、その記事の中で、アインシュタイン研究を行っている板垣良一東海大学教授(物理学史)は、「アインシュタインはキリスト教徒でもユダヤ教徒でもなく、神にこだわらない人だった」とした上で、彼が残した日記や文献の上でも日本の天皇制に言及したものはなく、この発言を「アインシュタインのものではない」と断言している。

もう一つの「アインシュタインの予言
第二次世界大戦では原子爆弾が兵器として利用されましたが、第三次世界大戦が起こったら、どのような兵器が使われると思いますか?」というインタビューを受けたアインシュタインが「第三次世界大戦についてはわかりませんが、第四次大戦ならわかります。石と棍棒でしょう」と答えたというもの。これは「予言」というよりはむしろ、第三次世界大戦が起こったら人類文明の崩壊は必然であるという「警句」である。
スポンサーサイト
[PR]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bootees.blog120.fc2.com/tb.php/152-14772fdf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。