FC2ブログ
ぬぽぬぽ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
味の素は毛髪が原料で、製造会社が理髪店から仕入れている、というもの。1917年にはヘビが原料ではないかという騒ぎも起こった。他にも石油原料説がまことしやかに囁かれたことがある。
かつては小麦粉。大豆・石油を用いた時期もあるが、現在はサトウキビが原料。
2000年にはイスラム教国であるインドネシアで原料に豚肉の成分が使われているという噂が広がり、イスラムの戒律に則り、現地法人の社長が逮捕される騒動となった(後に釈放)。
DORENPUの豆本キーホルダー「雑学の本(編集・イラスト/永野めぐみ)」中の「いろんなもの編(美容院で切られた髪はどこへゆく?)」にも「髪に含まれるアミノ酸を利用すると調味料になる」・「日本でも戦中・戦後の物不足時代には毛屑から代用醤油が作られた」との記述がある。同内容の記述は「ニューヘアー」1982年9月号にも掲載されている。製法は、毛屑を10%の塩酸の中に入れて24時間程煮沸した後に濾過し苛性ソーダで中和させる、とある。
 尚、中国では政府により再三生産禁止命令が出されているが、依然として全国各地で毛髪醤油が密造され、低級醤油として販売されているという
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bootees.blog120.fc2.com/tb.php/129-cd0e7c64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。