FC2ブログ
ぬぽぬぽ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ある人が新車を買ったところ燃料の減りが異様に少なく、後日メーカーの人間が「市販してはいけないものを手違いで売ってしまった」と高額の迷惑料とともに引き取りに来た、というもの。
技術的には現在一般に普及しているものよりも燃料消費率の格段に高い内燃機関が開発されているが、石油産業への配慮などから公表はされていないという陰謀論的な要素も含んでおり、ロバート・A・ハインラインの小説「光あれ」にも登場している。

大量消費・流通社会ならではの説であるが、反面試作品やワンオフが量産品の流通ラインに紛れ込む過程という矛盾点も出てくる。
同様の「市販のそれより段違いに高性能な製品」のパターンが存在するほか、似たような説で「洗剤のいらない洗濯機が開発されているが、洗剤メーカーに配慮して発売されていない」とされるものや、「エイズの特効薬は開発されているが、薬剤メーカーの売り上げが減らないようにあえて発売されていない」などの都市伝説もある。

スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。