FC2ブログ
ぬぽぬぽ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
かつて世間を強震させた少年Aが、出所後自分の住んでいる街で暮らしているというもの。

-----
神戸連続児童殺傷事件(こうべれんぞくじどうさっしょうじけん)は、1997年に兵庫県神戸市で発生した連続殺人事件
加害者の犯行声明に書かれた仮名から別名『酒鬼薔薇事件』とも呼ばれる。


概要
数ヶ月にわたり、複数の被害者が殺傷された事件であり、その被害者はいずれも小学生である。
通り魔的犯行や遺体の損壊が伴なったこと、特に少年の頭部が「声明文」とともに中学校の正門前に置かれたこと、地元新聞社に「挑戦状」が郵送されたことなど、強い暴力性が伴なう特異な部分が多い事件である。


犯行の声明文から容疑者の少年Aを「酒鬼薔薇聖斗」と称したり、俗に「酒鬼薔薇聖斗事件」とも呼ばれる。



事件の経過
神戸連続児童殺傷事件は複数の事件からなる。



第一の事件
1997年2月10日午後4時頃、神戸市の路上で小学生の女児2人が少年Aにハンマーで殴られ、一人は重傷を負った。


女児はその際、犯人がブレザーを着て、学生用のかばんを持っていたことを目撃しており、この事を知った父親は、少年Aが当時通っていた中学校に対し、犯人がわかるかもしれないので、生徒の写真を見せてほしいと連絡。


しかし中学校側は警察を通して欲しいとして拒否したため、父親は警察に被害届を出して生徒写真の閲覧を再度要求したものの、結局見せてはもらえなかった。
このことから少年Aの逮捕後、「学校の対応が犯人を庇っていた」として同校に対する批判が起こった。



第二の事件
3月16日午後0時25分、神戸市内の公園で、少年Aは付近にいた小学生の女児に対し、手を洗える場所はないかと尋ね、学校に案内してもらったのち「お礼を言いたいのでこっちを向いて下さい」(少年Aの日記による)と言い、振り返った女児を、八角げんのう(金槌の一種)で殴りつけ逃走した。
女児は病院に運ばれたが、3月27日に脳挫傷で死亡した。


また、逃走中の午後0時35分頃、少年Aは別の小学生の女児を見つけ、小刀(刃渡り13センチ)で腹を刺して2週間の怪我を負わせた。



第三の事件
5月24日午後、神戸市に住む少年を殺害。
少年は祖父の家に行くと言って昼過ぎに家を出た後、少年Aと偶然出会ったとみられる。
その際、少年Aは少年に対し「青い色の亀がいる」といって近所の高台に誘い出し、その場で絞殺して遺体を隠した。
少年は少年Aの兄弟の友人であり、たびたび少年Aの家に訪れていた。


5月25日、少年Aは前日の殺害現場を訪れ、少年の遺体の首を金のこぎりで切断、頭部のみ家に持ち帰った。


5月26日、行方不明になった被害者の少年を警察が捜索開始。


5月27日早朝、被害者少年の頭部が市内の中学校正門前で発見。
頭部には二枚の紙片が添えられており、内容は犯行についての声明文であった。
この中で少年Aは自らを「酒鬼薔薇聖斗」(さかきばら・せいと)と称し、捜査機関等に対する挑戦的な文言を綴っている。
警察の記者会見で「酒鬼薔薇聖斗」を「さけ、おに、ばら・・・」と文字ごとに分割して読み、何を意味するか不明であると発表。
記者の中には暴走族の当て字のように「さかきばら・せいと」と読む名前ではないかと思ったものもいたが、単なる予測に過ぎず、報道では警察の記者会見そのままの読み方で読んでいた。
ところがテレビ朝日の特別報道番組で、司会の久米宏がそのように読んでいる途中で、ゲストに呼ばれていたジャーナリストの黒田清がいきなり、「サカキバラセイトって読むんじゃないか。
おそらく人名だろう」と発言。
これ以降、マスコミや世間でも「さかきばら・せいと」という人名であるという解釈が広がっていった。


6月4日、神戸新聞社宛てに「酒鬼薔薇聖斗」から、赤インクで書かれた第二の声明文が届く。
この中には、報道において「さかきばら・せいと」という呼び名を「おにばら」と誤って読んだ事が強く抗議されており、再び間違えて読んだ場合には、報復があることをほのめかしている。
また、自分のことを、「透明なボク」と表現。
「透明なボク」ゆえに、自分の存在を世間にアピールするために殺人を犯したと告白。


6月28日、少年A逮捕。
マスコミは、頭部が発見された早朝に中学校近くをうろついていた「黒いポリ袋を持った20代から30代の体つきのがっしりした男性」について繰り返し報道していた、捜査機関では周辺の動物虐待者の聞き込み捜査より、少年Aが動物への虐待行為を度々行っていた目撃証言や、被害者少年と顔見知りの間柄であることなどの情報を得ていた。



その後の少年の処遇
1997年10月13日、神戸家庭裁判所は少年Aを医療少年院送致が相当と判断。
少年Aは関東医療少年院に移される。

1999年、第二の事件で死亡した女児の遺族と少年A側で約8,000万円の慰謝料を少年A側が支払うことで示談が成立した。

2001年11月27日、治療が順調であるとの判断から、少年Aは東北中等少年院に移る。

2002年7月、神戸家庭裁判所は、少年Aの治療は順調としながらも、なお綿密な教育が必要として、収容継続を決定。

2004年3月10日、成人した加害男性Aは少年院を仮退院し、社会復帰への道を踏み出した。
この仮退院の情報は法務省を通じて、被害者の家族に連絡された。

2005年1月1日、男性Aの本退院が認められる。

2005年5月24日、被害者少年の八周忌。
男性Aが弁護士を通じて、遺族に献花を申し出ていた事が明らかになる。
遺族は「受け入れられない」として申し出を断った。

2007年3月、第二の事件で死亡した女児へ、医療少年院退院後、初めて男性Aの謝罪の手紙が届けられた。
しかし遺族は「必死に生きようとする姿が見えてこない」と賠償についても疑問を投げかけ、現在遺族への慰謝料が男性Aの両親が出版した本の印税の他、1ヶ月に男性Aから4,000円と両親から8,000円支払われていると報道された。


マスコミ報道の様子
被害少年の首が学校の校門に晒されるという猟奇的な事件であったことも手伝い、マスコミはこの事件の報道を連日行った。


各マスコミは犯罪心理学者や作家にプロファイリングを行わせたが、犯人が未成年男子であるという分析をしたのはロバート・K・レスラーのみであった。

少年A逮捕後、マスコミの取材はますますエスカレートした。
逮捕の速報時、中学校前でテレビカメラの前で笑顔でピースサインする少年たちがマスコミで批判されたが、一部マスコミは少年Aの同級生に写真や卒業文集を数万円で買い取ると交渉を持ちかけたり、同級生や町内会にいきなり電話をかけたり、インタビューをしつこく追い求めたりするなどしていたことが発覚した。

新潮社の『FOCUS』などの一部の雑誌は少年法に反し、加害少年の顔写真や氏名を掲載したため、法務省が削除要請を行っている。
雑誌は即座に回収されたが、回収要請した法務省に抗議が殺到した。
雑誌発売直後、少年Aや犯罪を扱ったウェブサイトに顔写真が掲載された。
そのウェブサイトは海外のものだったため、法務省は管理者が使用している国内のインターネットサービスプロバイダーに削除要請を出したことで削除された。

この後、新聞各社は加害少年の誕生日を特定されないよう、誕生日の前後は年齢の掲載をやめていたが、一部テレビのワイドショーでは年齢を報道し続けたため、少年Aの誕生日が判明している。


少年Aは冤罪か
逮捕された少年Aが犯行を認め、関連する犯罪についても述べているものの、冤罪を指摘する声も上がっている。


その多くは被害少年の首を切断した際の警察の報告書に対する疑問点や、捜査の手法、判決を批判したものである。
また、物的証拠に不足、不自然な点があるとも指摘される。


具体的には、多くの冤罪事件を手がけてきた後藤昌次郎弁護士や、『神戸事件を読む―酒鬼薔薇は本当に少年Aなのか?』(鹿砦社)の著者の熊谷英彦、少年Aが在籍していた中学校の校長(当時)の岩田信義らが少年Aは冤罪であると主張しており、特に熊谷の著作は冤罪主張派にとって重要視されている。
冤罪説の指摘のうち主なものは以下である。


第二の事件で殺害された女児の頭の傷は八角げんのうを左手に持って殴りつけてできたと考えられ、右利きの少年Aがやったとは考えにくい。

第三の事件で殺害された男児の首はきれいに切断されていたが、遺体を冷凍して切断した可能性が考えられる。

筆跡鑑定の結果は、声明文が少年Aによって書かれたものだと断定はできないというものであった。
ただし、声明文は赤インクの太字と定規を使用したと見られる直線で描かれたもので、筆跡鑑定を逃れるためのものであると考えられるため、筆跡鑑定の結果自体は冤罪の根拠とはならないという意見もある。

取り調べにおいて警察官は、筆跡鑑定によって声明文は少年Aによって書かれたものだという結果が出たかのように説明し、それを受けて少年Aは犯行についての自白を始めた。
これは違法な取り調べであり、家裁審判においてこの自白調書は証拠として採用されなかったが、少年Aの弁護士は非行事実について争おうとはしなかった。

少年Aの素行についての証言が逮捕直後から多数報道されていたが、調査してみると証言の多くは伝聞情報ばかりで直接の目撃証言が確認できない。

判決文による非行事実は荒唐無稽で実行不可能な部分が多い。

少年Aの両親も冤罪と思っているのかという点については、実際、母が2002年5月に少年Aと面会した際「冤罪ということはありえへんの」と問いかけたが、この際少年Aは「ありえへん」と否定している。



事件の影響
この事件を教訓に、こども110番の家が設置されるようになった。
事件の残虐性に加えて、容疑者として逮捕されたのが当時14才の少年(少年Aとする)であったことも、社会に強い衝撃を与えた。
結果、この事件を境に、少年事件やそれに関連する法整備、少年事件における「マスコミの対応」などが大きく注目されるようになった。


また、テレビ番組の猟奇シーンが少年に与えた影響が取りざたされたため、猟奇シーンの含まれるテレビドラマ(『銀狼怪奇ファイル』、『エコエコアザラク』等)の放送や新シリーズ制作が取りやめになり、特撮番組において頻繁に見られたヒーローが切断技で怪獣の首をはねたり真っ二つにして倒す演出が自粛されるようになった。



事件の謎の部分
少年Aが逮捕されるまで、マスコミは「犯人は中年の男性」等、連日報道していた。
そんな中には謎めいた部分もあり、未だに分かっていない。


第三の事件で被害児童の頭部が発見された、5月27日早朝に中学校正面門を見下ろせる丘に「黒いポリ袋を持った20代から30代の体つきのがっしりした男性」の存在。

第三の事件後、県内及び近隣府県(岡山県、大阪府、京都府、奈良県、和歌山県)の複数の自動車解体業者に「黒色の車を解体してほしい」と電話があったものの結局は来なかった、ある解体業者によると電話の相手は「車種はマスコミで流している、第三の事件現場付近で目撃された黒色の車種」を述べていた事。

これらは警察が少年Aに「自分には捜査の手が回ってない」との油断を与える為に流した偽情報の説もある。


スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。