FC2ブログ
ぬぽぬぽ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「頭のおかしい人の所には黄色い救急車が来て、鉄格子付きの病院に連れて行かれる」という話。救急車のサイレン音、もしくはYellow Peopleから「イエロー・ピーポー」と呼ぶこともある。地方によっては、救急車の色は緑であったり、青であったり、紫であったりする。“鉄格子付きの病院”は、精神科の閉鎖病棟の事と見られる。

また、「通報者はお金(口止め料)がもらえる」という話もある。

多くの精神科医が、そのような色の救急車で、患者が搬送されたところを見たことがないと証言している。救急車の色は法令で白と規定されているため。普通の救急車で搬送される事はある。また、民間の患者搬送サービス車で緊急走行は出来ないので仮に搬送車の塗色黄色とする業者によってそのような行為があったとしても「救急車」という点に矛盾が生じる。

なお、救急車ではないがJR東海とJR西日本でドクターイエローと呼ばれる線路の点検などを行う黄色い新幹線がある。しかし、黄色い特殊車両が使われ始めたのは1964年の東海道山陽新幹線開業時であり、黄色い救急車の噂が流れ始めた時期よりも少し後であるため、あまり関連は無いと思われるがこの車両の存在を知らない者がたまたま目にし、同じく知らないもの同士で都市伝説の類にしてしまうこともまれにある。理由も、誤乗防止である。また、JR東日本の新幹線でEast iがあり、色は救急車と同じ紅白であるがこれも余談の域を出ない。

同様に、高速道路や一般道の巡回に使われている道路パトロールカーや、一部の電力会社やガス会社の緊急車両に黄色の塗色でパトランプを備えているものがあるため、これらを目にした子供たちが誤解して「噂は本当」と信じ込んだ事も考えられる。緊急自動車には定められたもの以外にも様々な塗色が存在するため、地方によって伝説で語られる色の差異についてもここから生じることも考えられる。
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bootees.blog120.fc2.com/tb.php/10-c7269927
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。