FC2ブログ
ぬぽぬぽ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幽霊機関車

幽霊機関車(ゆうれいきかんしゃ)は、
幽霊の如く存在しないはずの蒸気機関車が鉄道線路上を走るという怪現象。
偽汽車(にせきしゃ)などとも呼ばれる。
明治時代に語られていた。


東京都葛飾区亀有・見性寺の狢塚日本に蒸気機関車が導入され、
鉄道が普及し始めた明治時代のこと。

東京都葛飾区亀有など各地で、
夜遅くに汽車が線路を走っていると、
しばしば怪現象が起きた。

汽車の前方から汽笛が聞こえてきたかと思うと、
その汽車の走っている線路上を、
逆方向からこちらへ向かって別の汽車が走って来る。

運転手は「危ない、衝突する!」と慌てて急ブレーキをかけるが、
その瞬間、あちらの汽車は忽然と姿を消してしまうのである。

このような怪現象が続いたある晩のこと。

1人の運転手が汽車を走らせていると、
件の幽霊機関車が現れ、こちら目掛けて走ってきた。

運転手は「こんなものは幻覚に決まっている」と、
ブレーキをかけずにそのまま汽車を走らせた。

衝突するかと思われたそのとき「ギャッ!」という叫び声と共に、
幽霊機関車は消え去った。

翌朝にその辺りを調べたところ、
汽車に轢かれた狢の死体が見つかった。

それを見た人々は、
線路を引かれたために棲み処を壊された狢が、
幽霊機関車となって人々を化かしていたのだろうと噂し、
この狢を供養するため、亀有の見性寺に塚を作った。

現在ではこの塚の石碑が、見性寺の境内に「狢塚」の名で残されている。
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2009/06/16(火) 13:40 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bootees.blog120.fc2.com/tb.php/1-86be297b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。