FC2ブログ
ぬぽぬぽ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 「この裁判はめちゃくちゃだ。こっちの言い分を全く聞いていない。腹が立って、悔しくてしょうがない」。警察官の発砲で死亡した高壮日さん=当時(28)=の母金順得さん(74)は奈良市内で記者会見し、無罪判決への怒りと不満をぶちまけた。  この日も法廷には息子の遺影を持参。主文言い渡しの瞬間は表情がこわばり、隣席の親族に内容を確認。疲れた表情で、ほとんどうつむいたまま裁判長の判決理由の朗読を聞いていた。  金さんは「もし警官の家族が乗っていても撃つのか」と拳銃使用に疑問を投げ掛け、控訴審に思いを及ばせ「これからです。絶対勝ちます」と遺影に誓っていた。  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120228-00000109-jij-soci ---- 2003年9月に起きた奈良警察官発砲事件で、殺人と特別公務員暴行陵虐致死の罪で付審判決定を受けた警察官2人の裁判員裁判の判決が28日、奈良地裁であった。  橋本一(はじめ)裁判長は「発砲に違法性は認められず、殺意もなかった」と、2人に無罪(求刑・各懲役6年)を言い渡した。検察官役の指定弁護士は控訴する。公務員の職権乱用を裁く付審判の裁判員裁判は例がなく、市民が警察官の発砲の妥当性を初めて判断した。  2人は東(ひがし)芳弘巡査部長(35)(当時巡査長)と萩原基文警部補(35)(当時巡査部長)。  判決によると、2人は同月10日夜、大和郡山市の国道24号で、手配中の車に向け助手席側から発砲。2発が高壮日(こうそうじつ)さんの首と頭に当たり、高さんは約1か月後に死亡した。  判決は「逃走は一般市民への危険性が高く、発砲以外に車を阻止する手段はなかった。警察官職務執行法の要件も逸脱していない」と正当性を認めた。さらに、「運転者の左前腕部を狙った発砲で殺意は認められない」とした。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120228-00000816-yom-soci ---- ・奈良県大和郡山市で2003年9月、逃走車両に警察官が発砲し、助手席の男性=当時  (28)=が死亡したのは警察側の対応に問題があったとして、男性の母親(72)が、  県と警察官4人を相手に約1億1800万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で奈良地裁は  27日、母親の訴えを棄却した。  宮本初美裁判長は警察官の発砲について、「一般車両や警察車両に車を衝突させながら  逃走しようとしており、警察官のみならず市民の生命、身体に危害を及ぼす危険性が  顕著だった」と指摘。「(発砲は)やむを得なかった」とした。  判決によると、男性は03年9月10日、車上荒らしなどの疑いで警察車両に追跡されていた  車の助手席に乗車。同県大和郡山市の国道で警察官3人から8発の発砲を受け、うち2発が  男性の首に命中し死亡した。車は別の男性(33)=窃盗罪など実刑確定=が運転していた。  判決後、会見した母親は「納得いかない」と悔しさをあらわにした。弁護側は控訴する方針。  藪内利一奈良県警監察課長の話 適法な職務執行との主張が認められたと受け止めている。  http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2010012700972 --- ・奈良県大和郡山市で2003年9月、警察官が逃走車に発砲して助手席の男性が死亡した  事件の付審判で、殺人と特別公務員暴行陵虐致死の両罪に問われた警察官2人の  裁判員裁判の判決が28日、奈良地裁であり、橋本一裁判長は、それぞれ無罪  (求刑・各懲役6年)を言い渡した。  警察官は、奈良県警の東芳弘巡査部長(35)(当時・巡査長)と萩原基文警部補(35)  (同・巡査部長)。  公務員の職権乱用を巡る付審判が裁判員裁判で審理されたのは初めてで、一般市民の  裁判員が警察官の職務行為をどう判断するのかが注目された。  付審判決定などでは、03年9月10日夜、大和郡山市の国道24号でパトカーが車上荒らし  事件の手配車両を追跡し包囲。車が逃走を図ったため、2人が助手席側から約1メートルの  距離で計3発発砲し、各1発が高壮日さん(当時28歳)の頭部と首に命中。高さんは  約1か月後に死亡したとしている。  公判は発砲の正当性と殺意の有無が争点となった。  検察官役の指定弁護士は発砲が警察官職務執行法の規定を逸脱し違法と指摘。さらに  助手席窓ガラス後方付近に向け至近距離から撃ったとして、「未必的な殺意があった」としていた。  弁護側は発砲の正当性を主張して無罪を求めていた。車が一般車両にも衝突を繰り返し、  「一般市民らに危険が迫り、車を止めるために、やむを得ず発砲した」とし、殺意も「運転者の  腕を狙ったが、車が動いたため、助手席の高さんに当たった」と否定していた。  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120228-00000816-yom-soci ---
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

座席に座って上着を脱ぐのはごく普通の行為で、それだけでその女性を落としやすいと思うのは安易であろう。似たものとして「ピンク色の洋服で合コンに来る女性は男を誘っている」というものもある。
ある大学の講義で教授の話を聞かずにしゃべっていた女子学生に教授がこんな質問をする。「人の器官のうち、ある条件下で大きさが六倍になるのはどこでしょうか?また、六倍になる条件は?」指名された女子学生が顔を赤くして「これはセクハラです。後で大学に報告します」と答えると、教授はこう返した。「正解は瞳孔です。あなたに三つの忠告があります。まず、講義を真面目に聞きなさい。二つ目は、あなたの心は汚れています。最後に、本当に六倍になると思っているなら、あなたはきっと、がっかりする日が来るでしょう」
人間の瞳孔は明所では小さくなり、暗所では大きくなる。しかし、瞳孔径は2mm - 8mm程度の間で変化するものの、直径で言えば6倍は過大であり、面積比で言えば過小であるため、あまり正確な数値とは言えない。なお、成人の陰茎を平常時と勃起時で比較した場合、長さの変化は一般的に2倍以内である。
 インターネットの動画付きチャット(ライブチャット)で自らの下腹部の映像を配信したとして、埼玉県警サイバー犯罪対策課と上尾署は9日、公然わいせつの疑いで、千葉県松戸市稔台、無職、斎藤美沙容疑者(33)を逮捕した。  サイバー犯罪対策課の調べでは、斎藤容疑者は昨年7月7日午前9時45分ごろ、ライブチャットを利用し、不特定多数が閲覧できる状態で、自分の下腹部の動画を配信した疑いが持たれている。  サイバー犯罪対策課によると、斎藤容疑者は「谷山みぃ」という名で配信をしており、「ライブチャットの女神みぃ様」と称されていたという。  最大で約3000人が斎藤容疑者の動画配信を閲覧していた。一般人からの情報提供で発覚、IPアドレスから、斎藤容疑者が浮上した。 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120209/crm12020921080022-n1.htm
 交際していた女性の遺体を京都府八幡市内のスーパー駐車場に止めた軽乗用車の助手席に放置、遺棄した男が昨年夏、京都府警に死体遺棄容疑で逮捕された。その後、傷害致死容疑で再逮捕されたが、男は車内で日増しに損傷が激しくなっていく遺体とともに約2カ月間、逃避行を続けていたことが明らかになり、猟奇的な事件として世間の耳目を集めた。さらに別の複数の交際女性の顔をライターの火であぶるなど、加虐的な犯行も昨年末にかけて次々と立件されている。男がゆがんだ愛情の果てに見ていたものとは-。(宇都宮想)  ■変わり果てた遺体  「駐車場に止まった車から異臭がする」  昨年8月20日午後、京都府八幡市内のスーパー「ラ・ムー八幡店」の店長からの通報を受けた府警八幡署員たちがスーパー駐車場に駆けつけた。  軽乗用車に近づき、無施錠の助手席のドアを開けると、激しい腐臭が鼻をついた。コートなど上着が何重にもかけられ、盛り上がった助手席のシート。署員が上着をはぎ取ると、変わり果てた遺体が姿を現した。  バッテリーがあがり、ガソリンも尽きかけた真夏の車内。遺体はほぼ白骨と化していた。車内にはペットボトルや雑誌などのごみも散乱していたという。  当時、しばらくスーパー駐車場に止められていた車の中で寝泊まりする20~30代の男が複数の店員らに目撃されており、男は遺体が発見される直前にこつぜんと姿を消していた。  DNA鑑定で遺体は軽乗用車の所有者だった岐阜県瑞浪市の無職、日比野茜さん=当時(34)=と判明。遺体の損傷が激しく、正確な死因は不明ながらも、死亡時期は6~7月ごろと推定された。  府警はその後の捜査で、男が日比野さんと交際していた住所不定の無職、長沼勇也被告(23)=死体遺棄、傷害致死などの罪で起訴、公判前整理手続き中=と断定、死体遺棄容疑で指名手配した。  8月24日夕方、駐車場から約4キロ離れた路上で捜査員が長沼被告を発見。職務質問に対し、当初は落ち着いた様子で偽名を名乗り、「彼女に会いに行くところです」などと嘘をついたが、任意同行で車両に乗せられると観念した様子で本人だと認めたという。  府警によると、長沼被告は死体遺棄容疑で逮捕された当時、「逮捕されてほっとした」などと供述。しかし、駐車場で目撃された長髪に無精ひげ、作業着という姿に対し、逮捕時は黒色のTシャツにサンダル姿、髪形も変えてひげもきれいにそるなど風貌が激変していた。  捜査関係者は「嘘を言って捜査員をだまそうとし、外見の印象もがらっと変えた。うまく逃げようとしていたのではないか」と指摘する。  ■家族を捨てて…  日比野さんと長沼被告が出会ったのは平成22年秋。日比野さんは離婚後、両親や幼い長女と暮らしており、アルバイトとして働いていた瑞浪市内のパチンコ店に長沼被告が勤め始めたのがきっかけだった。急速に仲を深め、同12月、日比野さんは長女を市内の保育園に預け、自分の軽乗用車で長沼被告と姿を消した。両親には何も告げなかったという。  所持金はわずかで、持ち物は数日分の着替えのみ。2人は、長沼被告が過去に遊びに行ったことがあるという大阪を目指していたとみられる。行く先々のパチンコ店に立ち寄り、長沼被告が稼いだ金でホテルに泊まり、現金が尽きると車内泊を繰り返した。  手と手を取り合って飛び出してはみたものの、希望が全く見いだせない現実に直面し、2人の関係は次第に険悪になっていったのだろうか。  駆け落ちから半年後。遺体発見の約2カ月前となる昨年6月ごろには、大阪府豊中市内で口論する姿が目撃されている。  ■遺体とともに2カ月  逮捕後、長沼被告は「大阪府枚方市内のホテルで日比野さんと別れ話などで口論になり、突き倒した」と供述した。  その後、府警はホテルで突き倒した日時を6月29日~7月1日とほぼ特定。この後に日比野さんの体調が悪化したとみられることから、ホテルでの暴行が頭部打撲による頭蓋内出血を招いたと判断し、9月に傷害致死容疑で再逮捕した。10月、京都地検は死体遺棄と傷害致死の罪で起訴した。  一方、長沼被告の弁護側は京都地裁で開かれた勾留理由開示手続きで、別れ話で口論になった日比野さんが走行中の車の助手席から飛び降り、頭部打撲による頭蓋内出血で死亡した-と主張、傷害致死容疑を否認した。  日比野さんの遺体は車内で動かされた形跡がなかった。つまり傷害致死罪の成否は今後の公判に委ねられるとしても、長沼被告が約2カ月間にわたって車内で遺体と過ごしていたことはほぼ間違いない。  なぜ、そんな異常な事態が続いたのか-。  当時、長沼被告は「警察に行こうと思ったが、躊躇(ちゅうちょ)して行けないまま時間がたってしまった」と話したという。  しかし、ある捜査関係者は「遺体が腐敗すれば暴行の跡も消える。遺棄して早期に発見され、死因が特定されることを恐れたのではないか」と指摘する。  ■加虐的な性癖  わずか1カ月ほどの短期間の交際にもかかわらず、日比野さんに生まれ育った故郷と両親、そして長女を捨てさせた長沼被告とはどんな男なのか。  身長は170センチほどでスマートな体形。ゆるくウエーブがかかった長めの髪に穏やかそうな目。一見すると、流行の“草食系男子”のような風貌だ。少年時代は地元の野球クラブに所属し、白球を追って汗を流す一面もあった。  一方で交際する女性に加虐的に暴行を繰り返す“裏の顔”を併せ持っていた。  逮捕後の府警の調べで、長沼被告が、日比野さん以前に交際していた20歳代と30歳代の2人の女性=いずれも岐阜県在住=に対し、ライターの火であごをあぶったり、カミソリで腕を切りつけたりといった暴行を加えていたことが発覚。府警は昨年10、12月にそれぞれ傷害容疑で逮捕した。  捜査関係者によると、長沼被告は「家族をめちゃくちゃにしてやるぞ」と脅すこともあった。暴行を加えた後、決まって女性に甘い言葉をささやき、人が変わったように手厚く扱ったという。  捜査関係者は「目をつけた女性に積極的に言い寄って交際を始め、徐々に暴行をエスカレートさせて女性がおびえる様子を楽しんでいたようだ。女性を洗脳して支配するため、アメとムチを使い分けていたのか」と語る。  暴行を受けたとされる2人の女性は被害届を出した際、捜査関係者にこんな悲痛な思いを訴えたという。  「自分が訴追することで、1年でも長く刑務所に入れたい」  家族を捨てた駆け落ちの末、命を落とした日比野さん。そして、ゆがんだ支配欲に心身ともに傷つけられたとされる2人の女性。長沼被告が彼女たちに残した傷跡はあまりにも深い。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120212-00000506-san-soci
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。