FC2ブログ
ぬぽぬぽ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
被差別民が英国人と結びつき明治維新の隠れた原動力となったとする説。 被差別民が華族制度をつくり特権階級になりあがり、国民ばかりではなく植民地朝鮮人民や中国人などを戦前差別したとする。

スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
在日韓国・朝鮮人が、CIA、ユダヤ人の手先であるとする陰謀説。 リチャード・コシミズなどがその論者である。 欧米におけるユダヤ人と、日本における在日韓国人の類似性が根拠とされる。 サラ金の株式(在日韓国人)を外資系金融機関(ユダヤ系)が多く所有しているとされる。 在日韓国人が経済的に台頭してからユダヤ系と結びついたという説と、日本占領期の当初からCIA、ユダヤ系のエージェントとして育てられたとする説がある。また公明党の支持母体である宗教団体の会長、幹部の多くが在日であると主張されている。在日による政治家、公安の買収、マスコミを使った韓流ブーム作出、地方参政権問題、在日特権問題とあわせて語られることが多い。 この説はあくまでもサラ金や広告代理店やパチンコ屋、宗教団体を経営支配している在日韓国人についての主張であって、在日韓国人一般を対象としたものではないとコシミズなどの論者は主張している。
アメリカの鉄鋼王カーネギー、鉄道王ヴァンダービルト、不動産王アスターもロックフェラーの1/3から1/2程度にあたる資産を持っているとされる。サッスーンはロスチャイルドのインド、中国、日本にかけての極東代理人とされる。
イギリス王室がロスチャイルドやロックフェラーよりも上に立つ最高権力であるという説。ヴェネツィアの黒い貴族などと関連付けられる。この説によれば天皇家もイギリス王室の臣下であるとされる。
ジョン・モルガンの位置付けについては様々な説がある。

モルガンはロスチャイルドのアメリカにおける代理人であるという説が一般的である。 この説の根拠としては

ロックフェラーのほうがモルガンよりも資産の総額が多い
にも関わらず、モルガンがロックフェラーに対して強気に出ている
ロスチャイルドの後ろ盾があるのではないか
モルガンはロックフェラー側であるとする説や、モルガンはロスチャイルド側でもロックフェラー側でもない第三勢力であるとする説もある。
ロックフェラーが支配しているとする説。 この説の根拠としては、ロックフェラーが表立って活動している点が挙げられる。

この説の論者としては副島隆彦などが挙げられる。
ロスチャイルドはセファラディを自称しているとされるが、一説にはハム、カナンの血統でありニムロデの子孫であるとする説もある。ユダヤ人の王、ヨーロッパの皇帝と呼ばれる。

ロスチャイルドがロックフェラーを支配しているという論説。

この説の根拠としては

ロスチャイルドのほうが財閥としての台頭が早い
カーネギーやヴァンダービルトやアスターなどもロックフェラーの1/3から1/2程度にあたる資産を持っているとされる点
この説の論者は次のような記録がアメリカ上院議事録に残っていると主張する。

ネルソン・ロックフェラーがアメリカ副大統領になるときに資産公開する必要があり調査したが、ロックフェラーの所有する不動産がゼロという調査結果が出てしまい、脱税でないことを証明しなければならなくなった。その際にロックフェラーは「ロックフェラーの資産はロスチャイルドの代理人であるシュトラウスが管理しており、自分は知らないから、そちらに訊ねてほしい」と答えた。

この説の論者としては太田龍や広瀬隆などが挙げられる。

なおロスチャイルドとロックフェラーが対立しつつも、ロックフェラーがロスチャイルドに従属しているというような説も存在する。
ロスチャイルドとロックフェラーが対立しているという論説。

日本の財閥については、ロスチャイルドは三井住友、ロックフェラーは三菱と結びついている。エネルギーについては、ロスチャイルドは鉱物資源、原子力発電、ロックフェラーは石油、火力発電を支配しているとされる。
ロスチャイルド、ロックフェラーなどの巨大財閥や、イギリス王室、オランダ王室などが陰謀の主体であるという考え方。 ロスチャイルドとロックフェラーの関係についてはさまざまな説がある。
ビルダーバーグ会議、外交問題評議会、王立国際問題研究所、日米欧三極委員会や、存在は確認されていないが「三百人委員会」、「33人評議会」、「13人評議会」等の組織を陰謀論者は総称して「新世界秩序」(New World Order)と呼ぶ。フリーメーソンやイルミナティも大きくはこれに含めて考えられる。

尚、現代世界はG8や世界貿易機関、ワシントン・コンセンサスに握られ、発展途上国の意見が省みられる事が全くない、という批判が反グローバリズム・アルテルモンディアリスム団体を中心になされている。
イルミナティを陰謀の主体とする考えもある。イルミナティ単独で陰謀を行っているという説と、フリーメーソン内の結社内結社として陰謀を行っているという説に大きく分けられる。

イルミナティ(Illuminati)は、現実の歴史、およびフィクションに登場する秘密結社の名称。

イルミナティとは、啓蒙、開化を意味するラテン語で、近世以降、この名前で呼ばれた秘密結社はいくつもある。グノーシス的要素やテンプル騎士団との関連等を持つとされる。

陰謀論においては非常に人気があり、現在でも密かに世界へ手を伸ばし影響を与えている影の権力であるとされる。ただし、日本ではそれほど有名ではなく「ユダヤの陰謀」や「フリーメイソンの陰謀」で置き換えられていることが多い。

また、単にイルミナティと言った場合、後述のアダム・ヴァイスハウプト主宰のものを指す場合が多いが、その後に復興運動があったとは言えその本体の活動期間は実質8年間であり、陰謀論の主体としてはユダヤやフリーメイソンと比較して説得力に欠けるという側面もある。


バイエルン王国で1776年に、インゴルシュタット大学の実践哲学教授アダム・ヴァイスハウプトが啓蒙主義的なPerfektibilismus(人類の倫理的完成可能説)を謳い、Perfektibilistenの同盟を創り、後に、イルミナティと改名した。原始共産主義を志向する側面と、内部の位階制の側面が、同居している。ヴァイスハウプトからのキリスト教批判はあるが、それは倫理的完成へと向けるもので、他教への転向などを訴えるのではない。ユダヤへの連関で語ってはいない。最盛期には各国に支部が置かれ、会員はインテリ、著名人、政治家、貴族等、2千人に及んだという。1777年、ヴァイスハウプト自身もフリーメイソンになっており、並行してフリーメイソンだった者も多かった。通説では1784年にバイエルン王国がフリーメイソンリー、イルミナティを含む全ての秘密結社を禁止するまで続いた。1785年にローマ教皇ピウス六世はイルミナティがカトリックの教義になじまないと明言した。結社としての活動は1785年に終わったが、1897年になってレオポルト・エンゲルによってドレスデンで独自の形で再興された。オカルト色が強く、悪魔主義になっている。

イルミナティのシンボルはピラミッドに目のシンボルである。このシンボルはエジプトに由来し、ホルスの目と呼ばれる。このシンボルは権力構造のヒエラルキーと全てを監視する支配者を表しているとされる。陰謀説を唱える一部の者から、1ドル紙幣のこのシンボルはアメリカ合衆国がイルミナティにより影から支配された国家である証拠と主張されることもある。

イルミナティとフリーメーソンの組織自体には直接の繋がりは無かったと考えられているが、異説では弾圧された際にイルミナティはフリーメーソンに潜り込み、フリーメーソンを乗っ取ったという説もある。現在ではフリーメーソン内の政治部門を担当しているというという説もある。

ヴァイスハウプト自身は能力はあったものの、それほど大きな権力を持っておらず、イルミナティを設立した時点でロスチャイルドの後ろ盾があったとする説もある。


石工ギルドから発展した自由・博愛・平等をうたう親睦団体フリーメイソンの会員は、フランス革命やアメリカ独立戦争、ロシア革命など市民革命に関わっている。この事からナチス・ドイツ、大日本帝国など独裁国家に対して戦争をしかけるなどの政治権力をも操っていたとする考え。メンバーには地位の高い者が多く、イギリス王室をはじめフランス革命やアメリカ独立戦争の主要人物や中国の著名政治家の多くが加入していた事もあり、根強く囁かれる説である。

陰謀論におけるフリーメーソンの配置は、新世界秩序の一部であるとするものが多い。 イルミナティをフリーメーソンの一部として位置づける事も多い。

この陰謀論には既存の民主主義自体を陰謀の手段とみなし、否定するパターンが存在する。このパターンは偽書『シオン賢者の議定書』にユダヤ人の陰謀として記述されているものと同じである。「シオン賢者の議定書」が作られた当時、フリーメーソンにはユダヤ人が多く参加しており、秘密結社的な団体であったフリーメーソンを攻撃することによって、ユダヤ人を攻撃しようとしたものであると考えられる。


フリーメーソンのシンボルマークはコンパスと三角定規である。
その起源には諸説あり、数千年以上前の古代ギリシャにおいて、すでにその組織の存在が認められている。
フリーメーソンは秘密主義を採用している。しかし、それは入会者に新鮮な驚きを味わってもらうため、ということである。また、アメリカなどではフリーメーソン主催の慈善パーティーやバザーは頻繁に行われており、秘密組織でもなんでもない。
陰謀論に対して名誉毀損で告訴すべきという意見と、中傷には沈黙で対応するというフリーメーソンの伝統との対立が激しくなりつつあるという。
ユダヤ人は、世界の政治、経済、軍事を支配し、強く影響を及ぼしていた事に端を発する陰謀論。

一般庶民にも多数のユダヤ人がいるが、ユダヤ陰謀論者は世界的財閥、報道機関、ハリウッドにユダヤ系の人が多いと主張する。

サバタイ派としてキリスト教やイスラム教に偽装改宗した集団が話題にされる。 表向きはキリスト教徒やイスラム教徒を装っているが、実際はユダヤ教を信仰しているとされる。


「シオン賢者の議定書」は偽書であることが判明している。
新約聖書の中でキリストは、ユダヤ教の主流となったパリサイ派を激しく弾劾している。
バビロン捕囚によって成立したタルムードでは、異教徒をゴイムと呼び、ゴイムを殺せ、財産を奪えと諭す。ゴイムは陰謀論やオカルト関連の著作ではしばしば「家畜、豚、獣」などと訳されるが、これは誤訳であり、ヘブライ語では「諸国民、異国人」で「非ユダヤ教徒」を指す言葉である。
ユダヤ人にはセファルディムとアシュケナジーがいる。セファルディムは本来のユダヤ人でありセムでアジア系、アシュケナジーはユダヤ教に改宗したハザール人の末裔でありヤペテ、白人であるとする。
イスラエルはアシュケナジーが政治的中心であったが、近年はセファルディムの力が強まりつつある。
「ポンジュースが出てくる蛇口」の噂を元に、今治市の直売所で実際にみかんジュースの出る蛇口が作られた(期間限定)。松山空港のロビーでも、2008年1月5日から1月7日までの期間限定で蛇口が設置された。製造・販売元であるえひめ飲料は「ポンジュース蛇口形ストラップ」のプレゼントキャンペーンを行なった事も。
2005年9月21日、『笑っていいとも!』の生放送中に「番組が年内終了すると聞いたが本当か?」とタモリに繰り返し質問した観客がスタッフに排除され、CM後その席にはクマのぬいぐるみが置かれていた。上述の幼児強制排除事件を元にした、スタッフの機転であろう。
1990年前半に発生した上述の「ファンタゴールデンアップル論争」はコカ・コーラ社の公式見解によって収束したが、同社は2002年10月にゴールデンアップルというフレーバーをゴールデンングレープと共に新商品として発売した。

ファンタはこれまでに多種類のフレーバーを発売している。そんな中、かつて「ゴールデンアップル」というフレーバーが存在したか否かという話題がネットを中心に2000年前後に巻き起こり、存在を肯定する側と否定する側に意見が分かれ論争となった。論争は長期に及び盛り上がりを見せた。やがてコカ・コーラ社は「過去に日本国内でそのような製品を販売したことはない。ゴールデングレープならあった」という公式見解を発表した。このような論争が起こった原因として一説には、「当時、着色料不使用のゴールデングレープが、同時期に発売されていたファンタアップルと色、香り共に似ていたため、混同して記憶していた人が多かったのではないか」というものがある。コカ・コーラ社の公式見解表明以後、論争は沈静化したが、ネットでは「ゴールデンアップル存在説」は半ば都市伝説化している。

この論争の後、コカ・コーラ社は、2002年10月にファンタゴールデンアップルというフレーバーを新発売した。さらに2006年に同商品をセブン-イレブン限定で「あの伝説の商品」「1970年代の復刻版デザイン」として1970年代のファンタに用いられたデザインで販売している。

元々は都市伝説であったが、2007年現在では実際に交換してくれる業者・団体も存在する
分かりにくい場所にあり、閉鎖されている事が多い為に生じた噂と思われる。

箱崎パーキングエリア(はこざきパーキングエリア)は、東京都中央区の首都高速道路6号向島線上にあるパーキングエリア。

箱崎ジャンクション直下の箱崎ロータリー内に設置されており、6号向島線両方向および9号深川線から利用可能となっている。時間帯や交通状況によっては閉鎖される事もある。

駐車場およびトイレは、首都高速道路株式会社東東京管理局のビルの4階部分にある。


1980年代半ば頃から、「マスコミの皇室担当が、取材終了後に、天皇の寿命は後何年かなどと不謹慎な雑談をしていた」等の噂と共に語られた。
実際の崩御の際には、病状などから数日前よりマスコミは崩御に備え準備を行ってた。
但し、皇族、首脳の映像、写真は元々膨大な数があり、常日頃からストックされいつでも容易に選択できるようになっている。
著名人逝去の「準備」は『予定稿』と呼ばれ実在する。2008年1月にはAP通信がブリトニー・スピアーズ死去の予定稿を準備していた事が話題となった。
日本では古来より各地に人柱伝説が残されている。特に明治以降、タコ部屋労働者がトンネルなどに人柱として生き埋めにされ、今でも多くの人骨が埋まっている、との噂は根強い。常紋トンネルなどが有名。

しばしば「人柱にされた人間の幽霊が出る」、「周辺住民や職員には呪いがかかる」等の怪談話と共に語られる為、心霊スポットとして紹介されている場所も多い。
噂があっても事実確認されていない事が多いが、旧根北線の越川橋梁の橋脚部分のコンクリートに人柱を収めたと見られる空洞が調査で確認されたという例もある。
化学合成製品であり、実際に石油を用いていた時期も少なからず存在した。

1917年頃に「味の素の原料はヘビだ」というデマが飛んだ。元々は大道商売の薬売りが面白おかしく売り口上として言われていたものだったが、宮武外骨の『滑稽新聞』に取り上げられて一般にも信じられるようになってしまい売り上げが激減してしまった。これを受けて当時の鈴木商店(味の素の製造元)は新聞広告を使ってこの噂が嘘であることを公言したが、この広告から噂の存在が却って広まってしまい更に売上が激減してしまった。結局、関東大震災によって原材料だった小麦粉を救援物資として放出することで、この噂は沈静化した。
「味の素の原料は人の毛髪だ」という噂が存在するが事実ではない。戦中戦後の食糧難の時代において、原料不足から人毛を原料として醤油を作ることがあったという話があるが、この話と混同したことにより発生した噂と考えられる。
かつて「味の素の原料は石油だ」という噂が存在した。実際、グルタミン酸は石油由来原料のアクリロニトリルからも生成することができ、かつてはこの方法を用いて味の素が作られていた時代もあった(つまりこの噂は事実であったわけである)。現在「味の素」の原料には天然のサトウキビ由来のものが使われている。
卓上瓶の蓋の穴を大きくすることで瓶から出てくる味の素の量を増やし、販売量を増やしたという俗説があるが、味の素社では否定している。そもそも、穴が大きくなって出る量が増えれば、消費者もその分瓶を振る回数を加減するであろう。
目薬の成分にスコポラミン・アトロピン・ヒヨスチアミン(チョウセンアサガオ等に含まれるアルカロイド類)が含まれていた時代の話で、1960?70年代には実例があるとされているが、現在、日本国内で一般に販売されている目薬には該当成分が含まれてない。

1989年1月14日付ドイツ共同通信の記事で、モスクワでウォッカに目薬を混入させて眠らせ金品を奪うという手口が、当時のモスクワ警察刑事課長によって紹介されている。
性交後、コーラ(もしくはビール)を膣に入れると、精子が死んで避妊できるというもの。実際は死なない事が多い。
観光等で訪れた男性が行きずりの現地女性と一夜を共にする。翌朝起きてみると女性はいなくなっていた。身づくろいをしようと洗面台に向かうと鏡に「エイズの世界にようこそ!」と大きく口紅で書かれている、というのが基本的な筋である。舞台は海外であることが多いが、日本国内とされることもある。

感染原因が「女性と食事をしたから」「女性が咳をしたから」などのバリエーションも存在する。しかしこの場合は、実際には感染原因とはならないため、エイズに関する誤解を与える可能性がより高い。これらの話が誕生した背景には、エイズ及びHIV感染者に対する偏見・差別意識があると考えられる。

ちなみに、エイズ関連の都市伝説には「同性愛者に襲われた人が『僕はエイズだ(I am AIDS!)』といって逃れようとすると相手が『俺もだ(Me too.)』と返してきた」というものがある。こちらも「エイズ=同性愛者の病気」という誤解・偏見に基づいている。

エイズ・ハリーと呼ばれる、この都市伝説の男性版も存在する。こちらの話では、一夜を共にした男性から「帰りの飛行機の中で開けてくれ」と言われて渡されたプレゼントの箱を女性が飛行機の中で開けると、上記のメッセージと棺桶型のブローチが入っていた、となっている。
「精子バンクがサンプルとして精液を買い取る」という話を聞きつけた民衆が列を作っていたが、その中に頬を膨らませた女性が一人いた、というもの。
コンドーム売り場でどれを買えばよいか分からず迷っている女性客に、店員が「サイズは?」と問うと彼女は口を開けながら「これくらい」と答えた、というもの。
女子学生が自分の唾液を顕微鏡で観察中に、教科書には載っていない微生物を発見する。講師を呼んで確認してもらったところ、一言「精子だね」。
医学生の間で実在の学生の実話として伝えられる事が多い。
ある男が海外に赴く前に友人から、「海外では男もゲイに狙われ危険だ。もし襲われたら、『I am AIDS(私はエイズです)』と叫べ」と聞かされた。そして到着後、本当に襲われてしまった彼は友人の助言を思い出し件の台詞を叫んだところ犯人曰く「Me too(俺もだ)」。
性交中、膣痙攣の為、男性の局部が抜けなくなり、ふたり重なったまま病院へ搬送される、というもの。有名人や、身近な人物の実話として流布される(八中事件)。
男性の局部が抜けなくなった報告例がアメリカで一件だけあったが後に創作と判明。1971年ヴァンダービルト大学病院のボンジュラントとカパナーリが『フィラデルフィア医学ニュース』で嘘を暴露(ブルンヴァンの都市伝説シリーズより)。
尚、膣痙攣は実在する症状である。正確には「膣痙」(英語ではvaginism、独語ではvaginismus)と呼ばれる。性交前に起これば挿入不可、もしくは痛みを伴う。性交中に起これば抜去不能となり、陰茎捕捉(cativus)になる。陰茎捕捉はイギリスで1947年の手紙による報告が一例あり、それ以外にも少なくとも1人、日本人医師が治療している。
スキーの最中尿意をもよおした女性が、近くにトイレがなかったので仕方なく繁みに隠れ「放出」を始めたとたんバランスを崩して滑り出してしまい、そのままの姿でゲレンデを滑走する、というもの。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。