FC2ブログ
ぬぽぬぽ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
近畿地方で行われる降霊術に関する噂。

下準備としてぬいぐるみに名前をつけ、詰め物を全て出して代わりに米と自分の爪(切って入れる)を入れて縫い合わせる。余った糸は、ある程度ぬいぐるみに巻きつけて結ぶ。

午前3時にになったら以下の順に行動する(以下、自分の名前:○○、ぬいぐるみの名前:△△とする)。

ぬいぐるみに対して「最初の鬼は○○」と3回言い、ぬいぐるみを水を張った風呂桶に入れる。
家中の電気を全て消してテレビだけつけ、目を瞑って10秒数える。
刃物を持って風呂場に行き、「△△見つけた」と言って刺す。
「次は△△が鬼」と言い、自分は塩水を持って押入れなどに隠れる。
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
某お化け屋敷には本物の幽霊が出る、というもの。
猫が何も無いところを追っかけてじゃれているのは、人間には見えないものが見えているからだ、というもの。
参列した葬儀の遺影写真が自分のものであり、そこで初めて自分が死んだことを理解する、というもの。交通事故に遭い、事故現場跡を見て気づくというパターンもある。自殺や事故で死んだ人間は自分の死を理解できずに、いつまでも霊としてさまよい続けるという説もある。
とある夕方の学校で、とある男子生徒がトイレに入った。用を済ませ、拭こうとすると紙が無かった。するとどこからかこんな声がしてきた。 「赤い紙が欲しいか?青い紙が欲しいか?」と声がしていた。どこからかその声がするのかわからなかったが、怖くなった少年が「赤い紙」と発言した。その瞬間に生徒の体から大量の出血が起こり生徒は死んでしまった。

後日、この話を聞いた別の男子生徒は夕方に怖いながらも我慢できずにトイレの中に入った。すると「赤い紙が欲しいか?青い紙がほしいか?」という声が聞こえた。これを聞いた生徒は怖がりながら「赤い紙」と答えると死んでしまうから「青い紙」と答えた。だが、その瞬間に生徒は体中の血液を全て抜き取られ、真っ青になって死んでしまった。

また、「赤い紙」の場合は「天井から血の雨が降ってくる」「鎌で切られて血まみれになる」や、「青い紙」であれば「首を絞められて真っ青になる」という幾つかのパターンが存在する。「便器の中から答えた色の手が伸びてくる」というバリエーションも存在する。

「赤い紙、青い紙」ではなく「赤い紙、白い紙」であったり、「赤いマント、青いマント(チャンチャンコ)」である場合もあるが、答えた場合の結末に大差は無い。

「七不思議」は、元来珍しい建造物・景観を纏めたものだが、日本では主に怪談話として語られ、元々の概念とは異なったものとして定着している。又、江戸時代以来の怪談話である本所七不思議を始め、各々の地域を舞台とした伊豆七不思議、遠州七不思議、越後七不思議等、特定の地方に伝わる怪談・奇譚を纏めた物をそう呼ぶ事もある。これらもまた幾つかの組み合わせがあり、必ずしも総数が七ではない。
「学校の七不思議」は、学校によって異なり、七つ全てを知ると何かが起こるという場合が多い。また、八つ目がありそれを知ると不幸になるというパターンもあり、これもまた七つとは限らない。
これらはホラーやミステリー等のテーマにされる事も多く、漫画『金田一少年の事件簿』では、「学園七不思議殺人事件」というエピソードが描かれた。
この曲を聞いた数多くの人が、自殺したとされる。

曲調、歌詞ともに陰鬱さを醸し出した本作は「自殺ソング」として知られており、歌詞の内容は暗い日曜日に女性が亡くなった恋人を想い嘆くというもので、最後は自殺を決意するという一節で終わる。

ハンガリーでは本作を聴いて数多くの人が自殺したと語り継がれているが、本作を聴いたことが原因で実際に自殺した人の記録は現存しておらず、故に都市伝説ではないかとも言われている。しかし、多数の自殺者が偶然にも生前に本作を聴いていたと伝えられることなどから、ヨーロッパ各国で放送禁止に指定された記録は存在する。ただ、当時は自殺者が出てもおかしくない世相ではあり、明確な因果関係こそ明らかではないものの自殺を扱った本作が引き金になった可能性は示唆されている。

ちなみに、本作のヒット後に作曲者の恋人が自殺、作曲者本人も自殺している。理由は定かではないが、本作に対する世間の非難などの苦悩が少なくとも影響しているのではないかと推測される。

現在でも多くのアーティストによって唄われ、特に1936年のフランスで発表されたフランス語によるダミアの録音で広く世界的に知られるようになった。故にシャンソンの作品であると誤解されることが多い。
誘拐され外国に売られてしまった少女を歌ったものだ、とする説。実際には外国人宣教師に養女として引き取られたの女の子がモデル。


1881年に文部省音楽取調掛よって発行された「小學唱歌集初編」に収録されたバージョンには2番まであったが、歌詞が長い為か普及しなかった。この版では一番も現在歌われている周知のものとは異なっている。
富士山の上で友達100人でおにぎりを食べるという歌詞だが、友達100人に自分を入れると101人になる筈なので、減った一人は座敷童だ、と言う説。
「バナナが半分しか食べられない」のは踏み切り事故で轢死して体が半分しか無くなったからだ、など数々の噂ががあり、それらを知ると不幸に見舞われる、とも。
サッちゃんのモデルはタレントの阿川佐和子であるというものもあり、阿川も自ら著書に記述している。事実、作詞者と阿川の父阿川弘之が知り合いで近所にも住んでいたが、本当のモデルは作詞者自身の幼少時であるという事実を作詞者本人に確認して一件落着した、とのこと。

この童謡には歌詞から広がった様々な都市伝説が広まっている。もちろん事実無根。

4番存在説
あまり知られていない4番があり、歌うとサッちゃんに殺されてしまう。また、この都市伝説を聞いた人は3時間以内に5人に伝えないとただではすまないと言われているが、同じく知られていない5番を歌うと助かる、という説もある。(10番まであると言うバージョンもある)。
足なし幽霊説
上記の補正版として、電車にはねられたサッちゃんは体が真っ二つになり上半身だけの状態でさまよっており(テケテケのように)、この話を知ったもしくは歌の4番を歌った人(特に真夜中、寝る前に)の元へ夜中に現れ失った脚の代わりとして脚を切断されてしまう(殺害される)。サッちゃんから逃れるためには大好きだったバナナ(絵でも可)を寝床において置けばそっちに気を取られ助かる。これは『ポンキッキーズ』で放送されていたアニメ「学校のコワイうわさ・花子さんがきた!!」で類似した話があった為できたとも考えられる。これと似たチェーンメールのようなものも存在する。「サッちゃんは交通事故ではねられて即死した。「遠くへ行った」のは彼女の顔であり、この文を見た人のもとへサッちゃんが0時に行って、その人は首を鎌で切り取られてしまう。同じ文を9回違うスレに送れば回避できる。」と言った内容のものであり、冒頭はカタカナで書かれている。もっとも実際に歌ってみるとリズムに無理があり、お粗末なものである。
病死説
1番の歌詞には特に問題になる部分はないが、都市伝説化しているのは2番と3番の歌詞で2番の「バナナをはんぶんしかたべられないの」の部分と、3番の「サッちゃんがねとおくへいっちゃうってほんとかな」の部分では、実はサッちゃんは病気などの理由で体が衰弱してしまったために「バナナをはんぶんしかたべられ」ず、「とおくへいっちゃう」=死んでしまうと言う説。ちなみに病死説だと「とおくへいっちゃう」を漢字変換すると「遠くへ逝っちゃう」となる。
いろは歌を7文字毎に区切り、一番下の文字を順に読むと、「とかなくてしす」(咎無くて死す)と読める事から

古い文献では、歌の内容に添った七五調の句切り方ではなく、七文字ごとに区切って書かれていることもある(七文字×六行+五文字)。前述の『金光明最勝王経音義』ですでにこの区切り方だった。この書き方で区切りの最後の文字を続けて読むと「とか(が)なくてしす(咎なくて死す)」となる。これをもっていろは歌の作者が埋め込んだ暗号だとする説がある。

いろはにほへと
ちりぬるをわか
よたれそつねな
らむうゐのおく
やまけふこえて
あさきゆめみし
ゑひもせす
人形浄瑠璃の仮名手本忠臣蔵は、本来いろは(仮名)47文字が赤穂浪士四十七士にかけられ、「忠臣蔵」は蔵いっぱいの(沢山の)忠臣の意味、または忠臣=内蔵助の意味とされているが、それは、この暗号が広く知られていることを前提として書かれている、とする説をとなえる者がいる。[5]


また、同じく五文字目を続けて読むと「ほをつのこめ(本を津の小女)」となる(本を津の己女、大津の小女といった読み方もある)。つまり、「私は無実の罪で殺される。この本を津の妻へ届けてくれ」といった解釈もできる。

いろはにほへと
ちりぬるをわか
よたれそつねな
らむうゐのおく
やまけふこえて
あさきゆめみし
ゑひもせす いろはにほへと
ちりぬるをわか
よたれそつねな
らむうゐのおく
やまけふこえて
あさきゆめみし
ゑひもせす
他にも埋蔵金の在り処を示している、遊郭で性病を患った様子、被差別部落を示唆、生け贄に行く人の姿、といった説も。

民俗学的見地から見る場合、最も注目すべきは「七つのお祝いに お札を納めに参ります」との一説であろう。古来から、7歳は男女の別が備わり社会の仲間入りをする年齢、とみなすのが全国共通の習慣である(数え年の7歳は、現代では6歳に相当し、ちょうど義務教育を受ける年齢である)。

乳幼児死亡率の高い昔は、子供が7歳まで生きることが難しかったため、無事な成長を願う儀式が必要とされた。そのなかで比較的多いのは、「赤ちゃんが生まれた直後、紙を人型に切って神棚へ祀り、7歳までの守り神とする。7歳の宮参りになると、それを氏神へお返しして、社会の仲間入りをする」というパターンである。かわらけの欠片や米(餅)を包んだおひねりといった古態もあるが、開けた地域では氏神のお札を用いることも多い。

つまり、7歳まで無事に育った子供は、庇護してくれた守り神をお返しする通過儀礼を経て、社会の一員として認められるようになり、同時にそれは、今まであった神佑を断ち、神霊の庇護なしに生きていかねばならないことを意味する。ゆえに「行きはよいよい、帰りは怖い」のである。


歌詞の「鶴と亀」とは、母親と胎児の事であり、「後ろの正面だあれ」とは、犯人、又は水子霊を示しているなどとされる。又、徳川埋蔵金の在処を示している等、様々な説がある。

元々児童遊戯の歌として成立したとする説(国語辞典などが採用)
籠の中の鳥=オニであり、「囲め、囲め、オニの人は何時になったら次の人と交代して出て来ることができるのでしょうか。後ろの正面は誰?」と解釈する。ただし「鶴と亀がすべった」の部分については「語呂やリズムを合わせる為」と曖昧にしているものが多い。
遊女説(提唱者不明)
一日中(夜明けの晩に)男の相手をさせられ(鶴と亀が滑った)、いつここから抜け出せるのだろう(いついつ出やる)と嘆いているうちにもう次の相手の顔(後ろの正面だあれ)が見え隠れしている、という自由のない遊女(籠の中の鳥)の悲哀を表している。
日光東照宮説(提唱者不明。埋蔵金と結びつけてテレビ番組等で紹介されている)
日光東照宮の三神庫と呼ばれる建築物群や奥院には鶴と亀が対になって飾られている所があり、歌詞中の「鶴と亀が統べった」はこの彫刻を指しているとしている。
豊國廟説(宮本健次など)
正面とは京都の豊国神社周辺(現在の正面通り)を指し、徳川家康を神格化する際に邪魔となった豊臣秀吉を神の座から引き摺り降ろす為に行われた、豊国神社の打ち壊しと、秀吉の棺を掘り返して庶民と同じ屈葬にして埋め直した事件を表したものである。
芦名埋蔵金説(提唱者不明)
「鶴と亀」はそれぞれ芦名家の城の別名であり、埋蔵金の隠し場所を示している。
陰謀説(提唱者不明)
「かごめ」は籠女と書いてお腹に籠を抱いているような女性=妊婦を示し、「かごの中の鳥」とはお腹の中にいる子供を示す。その妊婦の家は相続争いで争っている最中で、1人でも相続人の候補が増えることに快く思わないものもいた。出産予定日もそろそろというある夜明けの晩、階段を降りようとした妊婦は誰かに背中を押されて落ちて流産してしまった。自分を落とし子供を殺したのは誰だという母親の恨みの歌という説である。
「あの子が欲しい」の部分は、人を売り買いしている様子を表していると言われる。テレビ番組USO!?ジャパンでも紹介された。

はないちもんめ(花一匁)は、こどもの遊びのひとつ。2組に分かれて、歌を歌いながら歩き、メンバーのやりとりをする。実際には、貧乏な家の子供(または女の子)が口減らしの為に、人買いに一匁(もんめ)で買われ、人買い同士が「勝った(買った)」「負けた(マケた)」と囃し立てる悲しい歌としても一部に知られている。
西条八十の詩「トミノの地獄」を音読すると凶事が起こる、とされる。
最初の「今何してるの」の部分で叫び声のようなものがと聞こえる。
イントロの部分で「お兄ちゃん」と聞こえる箇所がある、とされる。
3分39秒辺りのサビの部分で「死にたい」と聞こえる箇所がある、とされる(バックコーラスのパートで、実際の歌詞は「missing you」)。
サビの部分で「お母さん」と聞こえる箇所がある、とされる。
マリオカート64は当初の予定としては、操作可能キャラ8名にはワリオではなくカメックが加わる予定だったが発売直前に変更された。当時のゲーム雑誌にカートに乗ったカメックが掲載されているらしい。
クルッポン オーブンでクッキーというゲーム。スーパーファミコンソフト。
TCG「マジック・ザ・ギャザリング」のカードセット「ローウィン」におまけとして封入されているトークンカードもしくはルール説明カードの内、「アバター」は非常に出現しにくい、というもの。
本来、ジョウイは途中でパーティから抜ける為、仲間に出来ないが、メモリーカードを2枚使い、セーブされる瞬間に抜き、もう一枚の方にすかさずセーブするれば可能である、というもの。実際に仲間になってもバグが発生する上、メモリーカードに異常をきたす。
2周目以降では敵の将であるトロイが仲間になる、またはそれによってラスボス後のストーリーが存在する、というもの。攻略掲示板の書き込が流布に拍車を掛けた。
主人公に嫉妬しつづけた親友のスノウが108人目の仲間である事への不満や、PS版『幻想水滸伝II』より内容が薄かった事、さらに公式サイトやTVコマーシャルでのトロイの存在感の無さに起因する噂だとされる場合も。
プリクラ機の撮影時にある行為をするとプリクラが2枚出てくる、というもの。様々な方法が噂されたが、「代金を入れるときに10円硬貨を一緒に入れる」が最もポピュラー。
最近の筐体は10円硬貨を投入出来ない為、再現は不可能(無理に投入すれば、コインが詰まる)。他にも「プリントアウト時に筐体の奥まで手を入れ、中にある棒状の物を引っ張る」というものがあるが、実際にはそのような部品は存在しない。プリントアウト口の奥にある特定のボタンを押すと、最新撮影プリクラがもう一枚出てくる機種は実際に存在したとする噂もあるが、いずれの場合も手が抜けなくなったり、高価な筐体を破損しかねない非常に危険な行為である。
伝説のポケモンレジロック、レジアイス、レジスチルの3匹は第二次世界大戦における日本への空襲や原子爆弾投下を暗示しているとする説がある。その根拠として、
3匹とも「だいばくはつ」を覚える。
3匹とも腕に比べて脚が短く、指が不完全といういびつな人型をしている(空襲で障害を負った人を暗示しているとされる)
ホウエン地方の地図を元ネタとなった九州地方の地図に当てはめると、レジロックがいる場所は大分、レジアイスは長崎、レジスチルは宮崎と、空襲や原爆投下の対象になった都市と一致する。
「閉じ込めた」「怖かった」という記述(障害者に対する差別心)
などが挙げられる。ゲーム中の描写や関連書籍にはこの説を裏付けるものはなく、あくまでもファンの憶測の域を出ない。
いずれも、公式情報の公開前にプロアクションリプレイ等により、カートリッジにデータ自体は内蔵されている本物の幻のポケモンを入手することが可能になっている。
『ポケットモンスター 赤・緑』
「幻のポケモン」ミュウを、特殊な操作をすることで入手できる、というもの。バグを利用することにより入手する事は可能だが、その方法は再現性が低い上に、成功しても入手後のプレイに深刻な問題が発生する可能性が高く、正しい意味で「入手できる」とは言えないものである。後にイベント参加者へのプレゼントなどで正式版のミュウが配布された。

『ポケットモンスター 金・銀・クリスタル』
「幻のポケモン」が入手できる、というもの。後に「幻のポケモン セレビィ」が公式に発表されたが、発表以前から「幻のポケモン」の存在や入手方法について様々な噂がながれた。ゲーム内に多くあった意味深なアイテムやオブジェクトと関連付けられる事が多い。ちなみに、『金・銀』のセレビィは、ミュウ同様データのプレゼントでしか手に入れられなかったが、『クリスタル』では期間限定でモバイルアダプタGBを利用したサービスにより、ウバメの森の社に野生のセレビィが出現するイベントのデータが配布された。
『ポケットモンスター ルビー・サファイア』
「幻のポケモン」が存在する、というもの。ポケモンシリーズ恒例の「幻のポケモン」は存在するのだが、公式発表以前に憶測が多く流れ、中には「証拠写真」をCGで捏造して真実味を付加するケースもあった。
登場人物のひとりであるエアリスが物語の中で殺されるが、ある特定の条件を満たすと生き返る、または、殺されるはずのエアリスを助けることができる、というもの。CD-ROMの入れ替えを利用してエアリスが殺されるイベント自体を強引にスキップしゲームを進行させるという裏技が実際に存在したが、本作ではゲーム中のCD-ROM入れ替えについて禁止する記述があり、本来のシナリオには彼女が復活するイベントや殺されるのを防ぐイベントなどは設定されていない。
海底に存在する謎のモアイ像にまつわる噂。神秘的な情景な為、「特定の条件を満たすと何かが起こる」とまことしやかに囁かれていたが、実際は単なるオブジェクトで何の意味もない。GBA版ではモアイ像についての特殊なイベントが追加された。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。