FC2ブログ
ぬぽぬぽ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
古くから存在している迷信である。食品については日本だけでなく北アメリカからイギリスまで世界的規模で認知されている食品とそうでないものを区別する法則である。


●食品について
このルールはクッキーのような嗜好品に良く用いられ、「地面に落ちたとしても5秒以内なら悪い菌に感染しない」といった法則である。このルールは立ちながらキャンディーを食べている時などに有効に働き、例えば友人にキャンディーを渡すときに誤って落とした場合、気まずい雰囲気が流れるが、それを拾い「5秒ルール」を高らかに宣言する事であたかも何事も無かったか如く済ませる事が出来る。

5秒ルールはアイスクリームや湿ったキャンディーなど粘着質な食品ではめったに使われない。またトーストがバターを塗った面を下にして落ちた場合もめったに使われない。また他人の手のつけた食品にもめったに使われない。多くの実証があるが、その法則の発見者は誰にも知られていない。

実際比較的きれいな床では安全である。しかし、高々5秒で汚い床から悪い菌が食品に届かないといった考えは間違いである。問題にしているものは、目に見える塵や埃といったものよりも悪い菌である。もっとも、その2つは伴っている事が多い。例えば患者が多く運ばれる病院の床は適切に清掃され綺麗そうに見えるが、実際は汚い通りよりも汚染されている(一般家庭より病院や診療所の方が各種雑菌や感冒ウイルスの量が多いというのは消毒業関係者の間では常識のこと)。

●バリエーション
5秒ルールには様々なバリエーションがあり、3秒ルール、10秒ルール、15秒ルールと地域によってばらつきがある。また食品に対する環境や酔っ払いレベルにより、個人による引用のばらつきもある。例えばアメリカの大学の寮では多くの場合、5秒ルールの酔っ払いバージョンである10秒ルールが良く適用される。

また家の中では5秒ルールは15秒まで拡張出来る事は広く知られている。しかし、公共の場およびレストランでは時間は一般的に短縮される。また大企業の会議中、業務中、同僚との会合中、検品者、もしくは管理者が注意を払っている時は適用されない。またその食品が遠くに転がって行ってしまった(もしくは大回転した)場合、無効になる。

一部に食品に適用される3秒ルールの理論的根拠として「1秒目でばい菌さんが食べ物を発見し、2秒目で片手をかけ、3秒目で両手をかけて(食品にくっついて)しまうため」という説もある。その3秒ルールにもまた一説あり、「3秒以降ならセーフ」というのがそれである。1秒目でばい菌が食べ物に侵入し、2秒目でみんなでわいわいがやがや騒いで、3秒目で一斉に帰っていくというものであるが真偽の程は定かではない。

チンギス・ハーンの宮廷では24時間ルールであったといわれるが、今のところ確証は無い。


●研究
5秒ルールの疫学的調査は2003年にイリノイ大学アーバナ・シャンペーン校の7週間の見習い期間において、当時高校3年生だったジリアン・クラーク(Jillian Clarke)によって行われた。クラークは博士志望のMeredith Agleと共にキャンパス中の様々な床のサンプルを採取して顕微鏡で調べた。彼らは床のかなりの部分はバクテリアを含んでいない事を発見し、結論として多くの場合、乾いた床に落ちた食品は安全である事が分かった。

しかしクラークは床が汚染されていた場合の5秒ルールを検証したいと思い、大腸菌を研究室の荒い床とつるつるした床両方に広げ、グミキャンディー(グミーベア)とクッキーを様々な時間置いてその付着状況を顕微鏡で調べた。その結果、全ての食品において5秒以下の時間でも相当数の菌があった。従って、彼女の研究結果は5秒ルールへの有効な反証となった。

彼女はその研究において、5秒ルールに関する巷間の意見をサンプル抽出法によって調査した。それによると、女性の70%および男性の56%において5秒ルールは良く知られており、このルールを適用することによって床に落ちたほとんどの食品は食べられている事が分かった。また、男性よりも女性においてこのルールが適用されやすい傾向にあり、クッキーやキャンディーはブロッコリーやカリフラワーよりもよりルールを適用されやすい事を発見した。

クラークはこの研究の功績により、2004年度の公衆衛生のためのイグノーベル賞を受賞した。





スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

浴槽・洗面台・トイレ等で排水する際に出来る渦はコリオリの力により回転する向きが決まる、というもの。
実際にはそのような小規模の環境には影響を及ぼさないと言って良い。

また赤道上にある観光地などでは、バケツに汲んだ水を底に開けた穴から流し、赤道の北側と南側とで渦の向きが変わるというパフォーマンスをすることがあるが、これも観光客に分からないよう渦の向きを調整しているだけである。
ケム・トレイル (chem trail) は、「ケミカル・トレイル(chemical trail)」の略であり、「コン・トレイル(con trail:航跡=飛行機雲)」より派生した語。見た目は飛行機雲と大差ないが、特徴として

飛行機雲より長時間残留する
・本格的な雲に変化していくことが多い
・大気中に残留化学物質などが確認され、周辺地域で健康被害が報告されることがある、出現の直前に軍用機などが飛行している

などが挙げられ、軍や政府による気象操作や細菌兵器に対するワクチン散布などの説が流布している。世界各国で目撃例が報告されている
 「ケム・トレイル」という言葉は、エイミー・ワージントンによって初めて使われた言葉で、彼女によれば、「ケム・トレイル」とは、「ある殺人的プロジェクトに係わる航空機から散布された何トンもの微粒子状物質」であり、「アスベスト、バリウム塩、アルミニウム、放射性トリウムなどを含む有毒金属を含んでいる」とのことである。またワージントンは、このプロジェクトは「アメリカ国防総省、アメリカエネルギー省、国立研究機関、大学、民間の防衛産業、製薬会社などが係わっている巨大な組織」が推進しているものであると述べ、さらに「航空機から散布された何トンもの微粒子状物質は、大気を高電荷の導電性プラズマにする」と断定した上で、「­­それらは地震を引き起こす地殻操作兵器などのために、荷電した大気を人為的に操作するためのものである」と結論づけている。
 しかし、これらの指摘には具体的根拠および統計的数値が完全に欠如している。また、「微粒子状物質が大気を高電荷の導電性プラズマにする」というメカニズムや、荷電した大気を人為的に操作することによって地震を引き起こすという、「人為的操作」の具体的技術には一切言及されていない。
 ケム・トレイルを信じる者は、多くの場合冬季の飛行機雲をそれと誤認する。単なる飛行機雲をケム・トレイルと断定する理由に、「長時間残留する」「本格的な雲に変化していくことが多い」「航空機のエンジン以外の部分から雲状のものが出ている」といったものが挙げられているが、いずれも飛行機雲のごく一般的な特性に過ぎず、その雲に何らかの微粒子が含有されているとする根拠も皆無である。
 以上のように、証拠資料や統計的数値の欠如・無知による曲解、およびそれらを正当化する陰謀説などから、「ケム・トレイル」はオカルト・疑似科学の域を出ない。カルト団体やアセンションを唱えるニューエイジ信仰団体などが、人々の恐怖を煽る為に利用している側面も見受けられる。



原子力発電所の周辺や構内あるいは付近の海で、

通常よりも明らかに一回り大きなタンポポや巨大な魚などを目撃したというもの。


対抗神話として、

これは放射線の影響ではなく原発からの廃熱(冷却水など)が原因なのだ、

といった解釈が付け加えられることもある。


たがみよしひさが短編『収穫の季節』で用いた。
ニンゲンあるいは、南極のニンゲン,ヒトガタは南極に現れるとされている未確認動物

未確認動物と言っても都市伝説的な存在である。


ニンゲンは日本政府の行っている調査捕鯨の最中に目撃されるとされている。白色で人間に似ていることからそう呼ばれている。また、この都市伝説を基にした、動画や写真が多数作られている。ニンゲンは以下のような生物であるとされている。


・体長は数十メートルにも及ぶ。
・遠くから見ると、氷山のように見える。
・色は白色から透明。
・写真に撮影することができない。
・ムー2007年11月号によると、このニンゲンに酷似したものがGoogle Earthに写りこんでいるという。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。