FC2ブログ
ぬぽぬぽ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
動物性たんぱく質の焦げた部分には発癌性物質が含まれている為、食べ過ぎると癌になってしまう、というもの。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

防腐剤が大量に含まれている食品を摂取している現代人の死体は腐敗し難くなっている、というもの。「葬儀の際、遺体に副えられるドライアイスの使用量が○年前の半分になった」などと続く場合も。
「夫の葬儀の参列者に一目惚れした未亡人が、数日後自分の息子を殺害した。それは何故か?」という心理テストにまつわる噂。
多くの場合「再婚の際に息子が邪魔になるから」と答えるが、嗜虐嗜好が極端に強い人間は「息子の葬式でもう一度その人に会えるから」と答えるという。「かの麻原彰晃や酒鬼薔薇聖斗が後者を選んだ」という解説が付く事も。また『ハローバイバイ・関暁夫の都市伝説 信じるか信じないかはあなた次第』には、このテストは宮崎勤が考案したとの記述があるが、いずれにしても犯罪者に対し精神鑑定と称して信憑性がない手段を使うとは考え難い、とするのが正論であろう。
『八百屋お七』の伝承はまさにこの心理をベースとしたものであり、桜庭一樹の『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』、PS2ソフト『月の光?沈める鐘の殺人?』、『夜想曲2』等にもモチーフとして使われている。またフロイトの「夢判断」の伝承として同様の話が伝わっている。
2005年10月放送の『やりすぎコージー』で、千原ジュニアは後者の答えを選んだとされる。
骨髄移植ドナーは、ドリルで何百箇所も骨盤に穴を開けられる為、骨がボロボロになるというもの。
脊椎に穴を開けられる、脊髄を傷つけられて下半身不随になるというバージョンもある。

実際には骨髄液は骨盤から採取する為、脊髄を傷つける事はなく、ドリルは使わずに中空になった3?4ミリの針を使用する。
そして針を刺す場所は2?4箇所程度である。
戦前戦中アメリカに対するネガティブキャンペーンの名残りか。
また戦後においてアメリカ日本民族の弱体化を目的に仕掛けたもの、とも言われるが、メンソール煙草は世界各国・・・無論、アメリカでも販売されている。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。