FC2ブログ
ぬぽぬぽ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大阪市内のマンションで幼い姉弟2人の遺体が見つかった虐待死事件で、殺人罪に問われた母親の無職、下村早苗被告(24)の裁判員裁判の判決公判が16日、大阪地裁で開かれた。西田真基裁判長は下村被告には殺意があったと認定、懲役30年(求刑無期懲役)を言い渡した。  検察側は論告で、「被告は幼い子供に食事を与えず、部屋の扉に粘着テープを貼って閉じこめたまま約50日間帰宅しなかった」と指摘。被告には殺意があったとし、「わが子2人を飢餓状態にさらし続けた前例のない事件で、2人の絶望感は筆舌に尽くしがたい」と非難した。  一方の弁護側は最終弁論で、「被告は幼いころに受けた育児放棄などが影響し、恐怖を無意識に避ける特殊な心理状態にあって死ぬことに意識が働かなかった」と反論。殺意はなく、保護責任者遺棄致死罪にとどまると主張した。  下村被告は最終意見陳述の際、涙を流し「もう一度2人を抱きしめたい。こんなひどい母親ですが、私はこれからも2人の母親でいます。一生2人を背負って、罪を償って生きていきます」と述べていた。  判決によると、下村被告は必要な食事を与えなければ長女の桜子ちゃん=当時(3)=と長男の楓(かえで)ちゃん=同(1)=が死亡することを認識しながら、平成22年6月9日、大阪市西区の自宅マンションに閉じ込めて外出。帰宅せずに放置し、同月下旬に餓死させた。 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120316/trl12031614270002-n1.htm
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
2010年6月に大阪市のマンションで幼児2人が置き去りにされ死亡した事件の  裁判員裁判は7日、大阪地裁(西田真基裁判長)で被告人質問があり、殺人罪に  問われた母親・下村早苗被告(24)が、遺体を発見した後に連絡を取った知人男性と  会い、性交渉していたことが分かった。  被告人質問で下村被告は、弁護側から長女・桜子ちゃん(死亡時3歳)と長男・楓くん  (同1歳)に対する未必の殺意の有無を問われ、「それは違います」とはっきりとした  口調で殺意を否定した。だが、遺体発見当時、すぐに警察には通報せず、知人男性に  連絡したうえで、一緒にドライブに出かけた先で写真を撮り、性交渉まで行ったことの  事実確認を弁護側から求められると「そうです」と認めた。  一方、検察側は10年1月ごろに名古屋から大阪に転居した理由について、下村被告の  不在時に桜子ちゃんが水道の蛇口をひねり、部屋の床を水浸しにした出来事に言及。  階下にも水漏れするほどの状態だったが、下村被告は「(マンションの)管理会社から  一度連絡があったけどそれきりです」。謝罪や修繕はおろか、家賃も払わないまま  “夜逃げ”するという非常識な行動も明らかになった。  午前中に行われた証人尋問では、幼児2人が受けた苦痛について精神科医が  「おそらく汗をなめ、尿を飲み、便を食べていたと推察できる。飢餓の苦しみは  大量虐殺と同じ程度」と証言。下村被告はうつむいて聞いていた。  http://news.livedoor.com/article/detail/6348213/
<大阪幼児2人死亡>母親が殺意否認 裁判員裁判初公判  大阪市西区のマンションで幼児2人が遺体で見つかった事件で、殺人罪に問われた  母親の下村早苗被告(24)に対する裁判員裁判の初公判が5日、大阪地裁  (西田真基裁判長)で開かれた。下村被告は「部屋に置きっぱなしにして外出したが、  閉じ込めたわけではない」などと述べ、殺意を否認した。  起訴状によると、下村被告は、長女・桜子ちゃん(3)、長男・楓(かえで)ちゃん(1)と  3人で生活していたが、自分以外に育児をする人がいないため、食事を与えなければ  死亡することを知りながら、10年6月9日、2人を自宅に閉じ込めて放置。  同月下旬ごろに餓死させて殺害した、とされる。  下村被告は10年7月に死体遺棄の疑いで逮捕され、翌月に殺人の疑いで再逮捕された。  大阪地検は精神鑑定の結果、刑事責任能力に問題はないと判断し、11年2月に殺人罪で  起訴した。死体遺棄については不起訴処分(起訴猶予)とした。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120305-00000041-mai-soci
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。