FC2ブログ
ぬぽぬぽ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大手とんかつチェーンの店長とみられる男が、面識のない女子中学生に、服の上から自身の精液をかけたと ツイッターで自慢し、大騒ぎになっている。ツイッターに女子中学生の写真も添付する悪質さで、事実なら事件化しそうだ。 とんかつチェーンの本社にはネットで知ったユーザーなどから苦情が殺到、調査に乗り出した。 この男は先月11日、《図書館で可愛いJC発見!!》(JCは女子中学生の意)と書き込み、 図書館で正面に座った女子中学生を撮影した写真をアップ。翌日、《昨日図書館、ビブレでぶっかけた子ごめんねぇ… かなりイカ臭くなったはず(笑)》と追記した。別の日には高校生とみられる女性に対して同様の行為をした動画なども投稿し、大騒ぎになった。 男はネット上で共有されるプロフィルなどから、大手とんかつチェーンが群馬県高崎市に展開する 店舗に勤める30代の店長とのウワサが広がっている。 女性から了解を得ずに精液をかける行為は犯罪で、かけられた場所が肌か衣服で暴行罪、器物損壊罪などに分かれる。 一部のマニアは「ぶっかけ」と呼び、ネット上の匿名サイトで犯行を自慢したり、情報交換が行われたりしているという。 「駅や書店などで好みのタイプの女性を見つけては背後に忍び寄り、体液をかける。服の上からだと女性は気づかず、 周囲に指摘されて初めて気づくことが多い。女性の青ざめる姿を見たり、さまざまなことを想像したりして悦に入る」(マニアに詳しい関係者) 下半身が露出するのは自家発電の最終局面のため、「一瞬だけしか下半身が露出せず、逮捕されづらいのもマニアを図に乗らせている」(同)。 とんかつチェーンの本社は「今回の件に対する抗議などのメールが数十件寄せられている。該当する人物は、 確かに店長として在籍する。事実関係を確認した上で、会社として然るべき対応を取る」(広報担当)と話している。
スポンサーサイト
[PR]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。