FC2ブログ
ぬぽぬぽ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
分かりにくい場所にあり、閉鎖されている事が多い為に生じた噂と思われる。

箱崎パーキングエリア(はこざきパーキングエリア)は、東京都中央区の首都高速道路6号向島線上にあるパーキングエリア。

箱崎ジャンクション直下の箱崎ロータリー内に設置されており、6号向島線両方向および9号深川線から利用可能となっている。時間帯や交通状況によっては閉鎖される事もある。

駐車場およびトイレは、首都高速道路株式会社東東京管理局のビルの4階部分にある。


スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
1980年代半ば頃から、「マスコミの皇室担当が、取材終了後に、天皇の寿命は後何年かなどと不謹慎な雑談をしていた」等の噂と共に語られた。
実際の崩御の際には、病状などから数日前よりマスコミは崩御に備え準備を行ってた。
但し、皇族、首脳の映像、写真は元々膨大な数があり、常日頃からストックされいつでも容易に選択できるようになっている。
著名人逝去の「準備」は『予定稿』と呼ばれ実在する。2008年1月にはAP通信がブリトニー・スピアーズ死去の予定稿を準備していた事が話題となった。
日本では古来より各地に人柱伝説が残されている。特に明治以降、タコ部屋労働者がトンネルなどに人柱として生き埋めにされ、今でも多くの人骨が埋まっている、との噂は根強い。常紋トンネルなどが有名。

しばしば「人柱にされた人間の幽霊が出る」、「周辺住民や職員には呪いがかかる」等の怪談話と共に語られる為、心霊スポットとして紹介されている場所も多い。
噂があっても事実確認されていない事が多いが、旧根北線の越川橋梁の橋脚部分のコンクリートに人柱を収めたと見られる空洞が調査で確認されたという例もある。
化学合成製品であり、実際に石油を用いていた時期も少なからず存在した。

1917年頃に「味の素の原料はヘビだ」というデマが飛んだ。元々は大道商売の薬売りが面白おかしく売り口上として言われていたものだったが、宮武外骨の『滑稽新聞』に取り上げられて一般にも信じられるようになってしまい売り上げが激減してしまった。これを受けて当時の鈴木商店(味の素の製造元)は新聞広告を使ってこの噂が嘘であることを公言したが、この広告から噂の存在が却って広まってしまい更に売上が激減してしまった。結局、関東大震災によって原材料だった小麦粉を救援物資として放出することで、この噂は沈静化した。
「味の素の原料は人の毛髪だ」という噂が存在するが事実ではない。戦中戦後の食糧難の時代において、原料不足から人毛を原料として醤油を作ることがあったという話があるが、この話と混同したことにより発生した噂と考えられる。
かつて「味の素の原料は石油だ」という噂が存在した。実際、グルタミン酸は石油由来原料のアクリロニトリルからも生成することができ、かつてはこの方法を用いて味の素が作られていた時代もあった(つまりこの噂は事実であったわけである)。現在「味の素」の原料には天然のサトウキビ由来のものが使われている。
卓上瓶の蓋の穴を大きくすることで瓶から出てくる味の素の量を増やし、販売量を増やしたという俗説があるが、味の素社では否定している。そもそも、穴が大きくなって出る量が増えれば、消費者もその分瓶を振る回数を加減するであろう。
目薬の成分にスコポラミン・アトロピン・ヒヨスチアミン(チョウセンアサガオ等に含まれるアルカロイド類)が含まれていた時代の話で、1960?70年代には実例があるとされているが、現在、日本国内で一般に販売されている目薬には該当成分が含まれてない。

1989年1月14日付ドイツ共同通信の記事で、モスクワでウォッカに目薬を混入させて眠らせ金品を奪うという手口が、当時のモスクワ警察刑事課長によって紹介されている。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。