FC2ブログ
ぬぽぬぽ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
座席に座って上着を脱ぐのはごく普通の行為で、それだけでその女性を落としやすいと思うのは安易であろう。似たものとして「ピンク色の洋服で合コンに来る女性は男を誘っている」というものもある。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
ある大学の講義で教授の話を聞かずにしゃべっていた女子学生に教授がこんな質問をする。「人の器官のうち、ある条件下で大きさが六倍になるのはどこでしょうか?また、六倍になる条件は?」指名された女子学生が顔を赤くして「これはセクハラです。後で大学に報告します」と答えると、教授はこう返した。「正解は瞳孔です。あなたに三つの忠告があります。まず、講義を真面目に聞きなさい。二つ目は、あなたの心は汚れています。最後に、本当に六倍になると思っているなら、あなたはきっと、がっかりする日が来るでしょう」
人間の瞳孔は明所では小さくなり、暗所では大きくなる。しかし、瞳孔径は2mm - 8mm程度の間で変化するものの、直径で言えば6倍は過大であり、面積比で言えば過小であるため、あまり正確な数値とは言えない。なお、成人の陰茎を平常時と勃起時で比較した場合、長さの変化は一般的に2倍以内である。
性交後、コーラ(もしくはビール)を膣に入れると、精子が死んで避妊できるというもの。実際は死なない事が多い。
観光等で訪れた男性が行きずりの現地女性と一夜を共にする。翌朝起きてみると女性はいなくなっていた。身づくろいをしようと洗面台に向かうと鏡に「エイズの世界にようこそ!」と大きく口紅で書かれている、というのが基本的な筋である。舞台は海外であることが多いが、日本国内とされることもある。

感染原因が「女性と食事をしたから」「女性が咳をしたから」などのバリエーションも存在する。しかしこの場合は、実際には感染原因とはならないため、エイズに関する誤解を与える可能性がより高い。これらの話が誕生した背景には、エイズ及びHIV感染者に対する偏見・差別意識があると考えられる。

ちなみに、エイズ関連の都市伝説には「同性愛者に襲われた人が『僕はエイズだ(I am AIDS!)』といって逃れようとすると相手が『俺もだ(Me too.)』と返してきた」というものがある。こちらも「エイズ=同性愛者の病気」という誤解・偏見に基づいている。

エイズ・ハリーと呼ばれる、この都市伝説の男性版も存在する。こちらの話では、一夜を共にした男性から「帰りの飛行機の中で開けてくれ」と言われて渡されたプレゼントの箱を女性が飛行機の中で開けると、上記のメッセージと棺桶型のブローチが入っていた、となっている。
「精子バンクがサンプルとして精液を買い取る」という話を聞きつけた民衆が列を作っていたが、その中に頬を膨らませた女性が一人いた、というもの。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。