FC2ブログ
ぬぽぬぽ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「茅ヶ崎市では、既に江戸時代(鎌倉時代とも)に、漁師がふんどし一丁でサーフィンをしていた」、というもの。他にも、カッパがサーフィンをしていたという伝説も。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

四谷怪談は実話であり、出演する役者がお岩の墓に参らないと必ず不幸に遭う、というもの。その他にも「出演した役者や関係者が呪われた」、「幽霊を見た」という噂が多数伝わっている。
これは作者の鶴屋南北が演出の為、意図してその類の噂を流した事にさらに尾鰭がついて現代まで伝えられたものと思われる。史実のお岩と夫は実に仲の良い夫婦であったと言われている。
ただし、それもお岩稲荷の参拝客を増やすためのでっち上げだったのではないか?と史実的な面から否定する仮説も存在する。現在、東海道四谷怪談やそれに関連する舞台、テレビ番組を行なう際は関係者が御祓いを予め受ける慣習がある。
子供の頃は誰も皆、霊や妖怪が見えていた、というもの。「赤ん坊が誰もいない部屋の一部を凝視し、見えない何かの動きを目で追った」、「幼子が知る由も無い故人と会ったと語った」等の話は枚挙に暇が無い。
真夜中の学校で黒ずくめの男が階段を登ると、階段が一段ずつ消えていく、というもの。
夜(あるいは夕方)に学校の階段を登ると、後ろから指が付いてきて、追いつかれたら指をもがれる、殺される、というもの。杉並区や中野区で流行した。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。