FC2ブログ
ぬぽぬぽ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
過去8度の優勝年のうち、1954年・74年・82年・2006年と07年に総理大臣が交代している。
また「大災害・大事件が発生する」と言われる事もあり、実際に「1954年:第五福竜丸被爆、82年:ホテルニュージャパン火災、99年:東海村JCO臨界事故」等が起こっているが、取り立てて『特異な発生率』とは言い難いとするのが正論であろう。
2005年5月に中日ファンの森山周一郎がNHKテレビの中日・ヤクルト戦中継にゲスト出演した際、「中日が優勝した年にはろくな事が起きないと言われているので、今年は平穏無事に優勝したい」と発言したところ、これが「中日が優勝すると不吉な事が起こる」との意に受け取られ、240件の抗議が寄せられた(結局この年は阪神タイガースが優勝した)。
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
Jリーグコンサドーレ札幌が、1996年に前身の東芝サッカー部を札幌に移転して新法人化する際、マイクロソフト社が、メインスポンサーとして名乗り出たが、その条件が、「チーム名を勝利(Win)と北海道(道)に掛けて「ウィンドウズ」にして欲しい」であった為、運営会社の北海道フットボールクラブが断った、というもの。
現在の東京ヤクルトスワローズの前身である国鉄スワローズは、当初「国鉄コンドルズ」とする予定であったのが、「混んどる」ではいけないということで「座ろう」にするため「国鉄スワローズ」になったという説。

「スワロー」=「ツバメ」は国鉄にとってシンボル的な存在であり、当時の代表的特急列車の「つばめ」号に因んだもの。

後に『トリビアの泉』の「ガセビアの沼」でも紹介された。
1947年6月の近畿日本鉄道と南海電気鉄道の分離分割に伴い、同社が保有する球団の「近畿グレートリング」も改称する事になった。「電鉄会社⇒飛ぶように速い⇒鳥の名前」がまず決まり、コンドルズが有力候補になった。しかし当時の球団代表が見事な禿頭で「ハゲタカはまずい」となった為、次点の「ホークス」に決まった、というもの。

チーム創生期に監督を務めた鶴岡一人が言い出したとされ、彼は後々まで折に触れて繰り返し発言し、最後には自伝「御堂筋の凱歌」の中にまで記してしまった。
コンドルズが有力だったのは、電車だけに客がよく乗っている(=混んどる)方がいいから、とつく場合もある。

実際は、南海電気鉄道の社章が鷹の羽を描いたものであった事に由来する。また「グレートリング」は、スラングでは女性器にまつわる意味があったので、変更したとの説も。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。