FC2ブログ
ぬぽぬぽ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
美空ひばり - 1990年6月に放送された没後1年の特別番組に彼女の幽霊が出たという噂。
夏目雅子 - TBSの女性用トイレ個室に彼女の幽霊が出るという噂。ここは彼女が生前辛い時に泣いていたとされる場所。
可愛かずみ - 彼女が死去した1997年の8月、「巨人vsヤクルト戦」の生中継中に彼女の幽霊が出たという噂。
岡田有希子 - 歌番組「夜のヒットスタジオ」で中森明菜が『ジプシー・クイーン』を歌っている最中、バックに彼女の幽霊が出たという噂。
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
急激に露出を減らした有名人が死亡した、と噂される現象。また、作品は発表されるが、メディア露出がほとんどない人物について「実在しない」という噂が流れることがある。

死亡説
ポール・マッカートニー - イリノイ州立大学の学生新聞から派生したものだがあまりにリアル過ぎた為、信じられてしまい、本人がライフのインタビューに応じて打消しに躍起になった程有名な都市伝説である。
志村けん - 同姓同名の別人の訃報が新聞に載り、それが誤って広まった為とされる。言うまでもなく、現在も大活躍中。
高倉健 - 出演作以外では、メディアへの露出が極端に少ない事から発生したと考えられる。
テレサ・テン - 1990年5?6月と1991年4?5月に、病死説・暗殺説が流れた。1995年の他界後は逆に、終焉の地であるタイのチェンマイを中心に生存説が流れている。
アーノルド坊や - 義姉役の女優の死去が誤って広まったものか。
井上真央 - 『キッズ・ウォー3』にて中高生の知名度が上昇した時期に発生。現在の活躍は『花より男子』などで周知の通りである。
秋本治 - 作風や絵柄が、初期と比べてあまりにも変化した為か。
冨樫義博 - 休載が多く、掲載されても「生前に描き溜めていたものを少しずつ掲載しているからだ」と噂された。『超こち亀』でイラストを提供し、2007年10月には連載を再開している。
鈴木れい子 - 「 声優・鈴木れい子」の死亡説ではなく「ねるねるねるねのCMの魔女役の人が死亡した」という噂が流れた。
ディエゴ・マラドーナ - 彼が2007年に腹痛で入院した際、何故か死亡説が流布した為、アルゼンチン政府までもが事実関係を調査するに至った。
野本礼三 - 2006年に死亡報道されるまで何故か「2002年頃死去」とされていた。
マリリン・マンソン
つぶやきシロー
シャドウ・リュウ(テンテン) - 交通事故で死去という噂が流れた。
新井薫子
長島雄一(現・チョー)
堀江淳
レイモンド・ジョンソン
サモ・ハン・キンポー
引田天功(初代) - 死亡説とは異なるが、実際は病死であったにも関わらず、「脱出マジックに失敗して命を落とした」と言われている。これは脱出マジック演者のいわば宿命と言うべきものであり、ハリー・フーディーニも同じ誤解をされる事が多い。
非実在説
筒美京平
大黒摩季
ZARDの坂井泉水
チトー終身大統領(旧 ユーゴスラビアの元首)
七海花音(ライトノベル作家)
 エルヴィス・プレスリーとの遭遇例が代表的。著名人の生存説はその死を認めたくない支持者などによく信じられている。遺体が見つかっていない人物、影響力の大きい人物に発生しやすい。また、死後も多数の未発表作品が発見され続けるなどの理由で、生存説が囁かれることもある。

アドルフ・ヒトラー - 1950年代から60年代にかけて、親ナチスの南米で生存しているという説が流れた。
マルチン・ボルマン - ヒトラーの命を受けベルリンから南米へ脱出し、ナチスの隠し財産を管理してナチスの再建に当たっていたとする説。
ジョン・F・ケネディ
スバス・チャンドラ・ボース - 母国インドでは政府が調査団を結成し調査、「生存の可能性はない」という報告書まで作成された。
テレサ・テン
2パック - 死後も多数の未発表作品により新曲CDを出し続けている為、生存説がよく囁かれている。
ウォルト・ディズニー - 彼は冷凍保存されている、というもの。
フロッピーディスクについては、ドクター中松こと中松義郎が、発明及び特許を取得したと主張しているが、これは正確な表現ではない。

中松が発明したものは「ナカビゾン」もしくは「積紙式完全自動連奏蓄音器」と呼ばれるものである。1948年に特許申請され、1952年に登録された。ナカビゾンは、何枚も繋がった紙の横一行一行に譜面が記録されていて、自動連奏蓄音機の譜面読みとり部分が左右に振れることで、譜面を読み込み演奏するものである。簡単に言うと、「レコードジャケットに穴を開けて、中身を取り出さずにそのまま使えるようにする」という特許であり、フロッピーディスクでは磁性体が塗布された円盤が用いられていることや、セクタ単位のランダムアクセスが可能なことから、全くの別物であると言える。

フロッピーディスクを開発したIBMは、自社の特許を守るため、当時フロッピーディスクの構造に抵触しそうな他者の特許に対しては契約を結んでいた。この中に中松の特許も含まれており、1979年2月に中松とIBMは「非独占的特許使用契約」という形で契約を行っている。これは、IBMフロッピーディスクを日本で発売する際に、中松との紛争を避ける目的で行われたものである。その契約内容は、技術的なものではなく、エンベロープの意匠に関するものであったとされている。

なお、この契約が行われた時点でIBMは既にフロッピーディスクを生産しており、さらに5.25インチ型もシュガート社から発売されているため、中松がフロッピーディスクを発明したという事実はない。
彼女が転落した病院らせん階段は、これまで多くの患者が事故死している場所で、そのほとんどが彼女と同じ市の出身であり、彼女はその亡霊達に引きこまれたのだ、との噂。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。