FC2ブログ
ぬぽぬぽ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サーティワン・アイスクリームは31歳の誕生日に身分証明書を提示すれば無料パスポートがもらえる、というもの。実際にはこのサービスは行っていない。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
1985年、阪神タイガースのリーグ優勝が決まった際、ファンが道頓堀店のカーネル像を当時の助っ人・ランディ・バースに見立てて、店員の制止を聞かずに胴上げの末道頓堀川に投げ込んだことが社会問題となった。この事件以後、阪神は18年間もリーグ優勝から遠ざかったため、これを冗談めかして「カーネル・サンダースの呪い」だと呼ぶファンもいた。2003年にリーグ優勝を果たしたため、これで解消されたという見方もあるが、日本一に関して言えば未だ達成されておらず、未だに呪いが続いているという見方も少なくない。事件後、道頓堀店から一旦カーネル像は姿を消すが、1992年に復活。今度は盗難されないようにと台座をボルトねじで固定した。なお道頓堀店は、現在閉店している(関連項目・探偵!ナイトスクープ「カーネル像救出作戦」)。ちなみに、2006年夏に公開された映画「日本沈没」では、水没後の大阪市街にこのカーネル像が、阪神ユニフォーム着用のまましっかり存在している。

この事件を契機に他の店舗にも悪戯が多発し、像が誘拐され交差点の横断歩道前や地下道など街頭に置き去りにされたりした。中には、像を誘拐した者がカーネル・サンダースになりきって盗まれた店舗に電話し、店員が発信元の電話ボックスに急行したところ実際に像がボックス内に立っていたり、個人の自宅の庭先に置き去りにされたりするケースもあった。眼鏡やステッキといった部品単位で盗難される被害も多発した。以後、各店舗のカーネル・サンダース像はボルトやチェーンで固定されることになった。

「小さく前へ倣え」のようなポーズから、客が入店の際手に何かを持たせることもあり、雨の日には傘がかけられていたり、弓道の弓や釣竿、地域によってはスキーまで持たされていることがある。

2002年6月14日には2002 FIFAワールドカップでサッカー日本代表がチュニジアを下したことを祝った一部のフーリガンが、三宮阪急駅前店にあったカーネル像を襲った。かねてから店内に避難させていたにもかかわらず誘拐され、投げ飛ばされるなどし手首が折れるなどの損傷を受けた。また、この当時店内にはたまたま大阪近鉄バファローズ(当時)のタフィ・ローズが来店中であったため、サッカーファンの仕業である上、ローズに見立てられて襲撃されたと言われることもあった(なお、この事件以降サッカー日本代表はワールドカップ本大会で一度も勝っていないため、一部サッカーファンの間で「これもカーネルサンダースの呪いのせいだ」と囁かれている)。

なお、2008年3月22日に甲子園球場内野エリアへのケンタッキーフライドチキンの出店が正式に決まった。

明治乳業の製品「ブルガリアヨーグルト」は国名を勝手に使ったとしてブルガリア政府からクレームを受けた、というもの。
実際はブルガリア政府公認の元、製造されている。

交渉時に一度ブルガリア政府から断られた経緯が誤って伝わったものか。
ソニータイマー(Sony timer)とは、ソニー(SONY)の製品において、その高い技術力により製品寿命をコントロールしているかのように、メーカー保証期間が過ぎたあたりの絶妙な時期に故障する事象を皮肉った言葉。しかし、故障発生装置(タイマー)がソニーの製品に装填されている事実は確認されていない。そのため都市伝説の一例としても挙げられる。もともとこの言葉は、ネット環境が当たり前になる1990年代以前から一部の人達の間で使用されていた隠語だったのだが、今ではソニーの役員などが会見で使用するほどに一般化している。

ソニー製品を購入したユーザーの間では「保証期間が終了した途端に壊れた」「保証期間終了後に修理を依頼すると、高額な修理費用を請求された」と言った声が多かった。この為「ソニーの製品は、修理や買い換えの利益を得るべく、時期(保証期間終了直後など)を見計らって壊れるよう設計されているのではないか?」と疑惑をもつユーザーが増え、1990年代にソニータイマーという言葉が生まれた。
しかしながら、一般的な耐久テストの結果が保証期間の判断材料に用いられることなどを考慮すれば、保証期間終了直後を狙って壊れるように製造の設計を行うことは、設計技術的にもコスト的にも非現実的である。もっとも、ソニーならば、その高い技術力を総合し、耐久性のキモとなる部品を慎重に選択するなどし、ライフサイクルコントロールの技術的障壁を超えられるという主張も存在する。

家庭用ゲーム機によるもの
市場で大きなシェアを誇る「プレイステーション」シリーズのような家庭用ゲーム機では、ソフトウェアを他社の機器で使用することが出来ない上に、以下の通りピックアップレンズの不具合が多く聞こえたことから、「ソニータイマー」という言葉を一般に広めた結果となっている。
特に「プレイステーション」で、プラスチック製レールの磨耗によってピックアップレンズが沈んでCD読み取りに不具合が出るという現象がしばしば起こった事が「ソニータイマー」の噂を広める要因のひとつになった。なお、本体を縦や裏返しにすることで不便だったり置き方が不安定だったりするものの、重みによる沈み込みを回避してCDの正常な読み取りが可能になるケースも多いが、この状態でも故障が起きていることには変わりない。
プレイステーションが発売してから約一年ないし、大作ゲームが発売される前後に壊れたという話が広まり、他のソニー製品も同様な時期に壊れたという事例から「ソニータイマー」という言葉が世間に広く知られることとなった。
発売初期のプレイステーション・ポータブル(PSP)では「□」ボタンの接触が合わない不具合が発覚し、インターネット上などでの批判が集中することになった。これについてSCEはボタンが戻らない点について一部の金型に問題があったとして修理対応を行った。しかしこの修理代はあとすこしで、PSP本体を買えるほど高額である。またこの修理代はこのPSPだけではなく他の製品も同じく高額である。
テレビによるもの
2000年頃から数年の間生産された殆どのソニー製ブラウン管テレビで、製品を使用し続けていると数年で電源が正常に入らなくなる故障が多発した。これは使用されているIC(新電元製MCZ3001D)の耐久性が極端に低い為で、一時期ソニーでは無料で修理に応じていた。ソニーはこの事実を一般には公にせず、有料での修理を依頼したユーザーの製品をサービスマンが無料で修理することで対応した。修理内容は対策品のIC(新電元製MCZ3001DB)への交換である。
2006年2月9日、ソニーはウェブサイト上にて、液晶プロジェクションテレビ「ブラビア」E1000シリーズにおいて累積視聴時間が1200時間を越えると、テレビ視聴中に電源オフできない、電源スタンバイ状態から電源オンできない、入力の切り換えができなくなる、などの不具合が確認されたため、当該ソフトウェアの修正を放送ダウンロード機能によって行うと発表した。これをめぐり電子掲示板上では、「1200時間は0xFFFFFFFFミリ秒(1193時間)にほぼ等しく、これがソニータイマーなのではないか?」などの噂が飛び交った。1日あたり3時間視聴したと仮定すると、1200/3で400日となり、1年1ヶ月に相当する為、極めて信憑性が高いソニータイマーの実例であるが、単なる偶然と思われる。(オーバーフロー(桁あふれ)による不具合はソフトウェアのバグとしては極めて一般的だからである。)
パソコンによるもの
これ以外に、同社ノートパソコン(VAIO)のメインストリームである505シリーズの初代モデルはマグネシウム合金フレームを採用した。後にこのモデルのフレームは内部応力によって歪みが生じ、ヒンジ部の破損が発生した。不幸にもその不具合は製品製造1年後に多発した。また塗装が汗によって劣化しパームレストが溶けた様に劣化する不具合も重なり、同社のサポートセンターに多くの苦情が寄せられた。
携帯電話によるもの
更に、携帯電話などでジョグダイヤルを採用したソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製の機種で経年利用するとジョグダイヤルが破損するという不具合が多く、これはジョグダイヤルにプラスチックの素材を採用していたことによって生まれた不具合だと言われることとなり、後に販売された機種などではジョグダイヤルが金属に変更された。

ラングレー東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件の犯人が乗っていた為、生産中止になった、というもの。実際は1.5リットルクラスの車種をパルサーとサニーに集約し、それ以外は打ち切りとした為であって、同事件とは一切無関係。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。